USED NOTE

≫タイヤ

 ■スペアタイヤ

自動車の日常的な点検で欠かせないものの一つは?


タイヤの点検


そう。では、スペアタイヤの点検は・・・?



という事で、暇をもてあましたので普段はトランクスペースに収まっているスペアタイヤの点検をしてみました。
普段普通の4輪のタイヤに気をとられがちで、なかなかスペアタイヤまで点検が届かないこともありがちです。

スペアタイヤとは・・・
自動車に積まれている「第5のタイヤ」であり、走行中、遠征時の不意のパンク時に役に立つタイヤです。
「あってよかった」なアイテムなので、点検を怠って万が一使えないとなると非常に困ります。

写真でいうとこういうのです。

DSCF0471.jpg

ホイールがデカくのっぺらぼうで、黄色いカラーリングという一般のタイヤとはかけ離れた顔を見せます。
(ちなみにスペアタイヤは16インチで、ノーマルタイヤは14インチでした。)
(また、車種によっては外観、色が大きく異なる場合があります)

それだけでなく

DSCF0472.jpg

とてつもなく細い。
どれくらい細いのかって言うと

DSCF0473.jpg

これくらい細い。
こう見比べてみると、タイヤの溝の深さにも大きな違いがありますね。

DSCF0474.jpg

サイズもスペアタイヤのほうが一回り小さいです。
このほかにも、空気圧が違っていたり・・・(ノーマルタイヤのは大体210kPa、スペアタイヤは420kPa)

本当に、普段使っているタイヤとは異質な存在です。
まさに非常用といった所でしょうか。

DSCF0475.jpg

装着してみたところ。

ちなみに、何故ここまで小さく作るのかというと、
一つは「軽量化」、もう一つは「トランク内のスペース確保」といったところでしょうか。
(ちなみに重さを量ってみるとスペアタイヤは約11kg、ノーマルタイヤは約14.8kgでした)

車種によってはスペアタイヤが折りたたむように入っていたり、更なる軽量化、居住性の確保のために
もともとスペアタイヤ自体が無いなんてこともあります。

このような工夫の結果、性能を犠牲にしてまで小さく細いタイヤとなったのでしょう。
つまり・・・

このタイヤの性能はノーマルタイヤよりもずっと下ともいえます。
せめてガソリンスタンドにたどり着くまで・・・ということで、ころがればOK、なタイヤです。

また、性能に劣るため出してもいい最高速度も80km/h以下と大きく制約されます。
ノーマルタイヤのようにいつも通りに走る事は出来ません。

「TEMPORALY」とタイヤに刻印してある通り、一時的な使用を想定して作られたタイヤで、ノーマルタイヤのように
長期的に使う事は出来ません。決してこのタイヤを履きつぶしてしまおうと思わないようにしましょう。


閑話休題。

今回装着した目的は、パンクしてたりひびが入ったりしないかの点検の上でした。
実際これを履いたまま走行してみましたが、特に異状は見られませんでした。
まあトランク内という外気に晒されないような環境なので、劣化のスピードは遅めなのでしょう。

ただ、空気圧が装着前に100kPaとスカスカだった(普段は420kPa)ので、空気を充填しておきました。
異質な存在といえども、同じタイヤの仲間であるだけに空気が自然に抜ける事は共通の事ですね。
スペアタイヤの空気圧の点検も念頭に入れましょう。

あと、スペアタイヤ装着した後の見栄えですが・・・
正直言って絶望的にダサいです。ただでさえ特異な存在なので・・・。
まあこれもすぐに交換を促すように狙っているのでしょう(ぁ

この後、考えるまでも無く普通のタイヤに戻しました。

ついでに洗車も行いました。
花粉といい、黄砂といい、すぐに自動車が汚くなってしまいます・・・
スポンサーサイト

 | HOME | 

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法