USED NOTE

≫2010年03月

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■リボン

最近はというと、密かに妖精がマイブームになってたりする。

チルノや大妖精あたりもそうだが、やはり妖精が好きである。
むしろ欲しい(ぇ

そんな火付け役になったのがこれ↓



ribbon.png


ああ、リボンちゃん可愛いよぅ(






          oノ oノ<こりゃ手遅れだわ
          |  |  三
 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ  ミ
゙~,,,....-'-‐√"゙゙"~ ̄Y"゙=ミ    |`----|←僕
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/
スポンサーサイト

 ■2度目の実車

てことで受けに行きました。はい。

まあ内容としては1回目と変わりないかな?
変わったとしたらサードギアへの投入くらいかな。

ちなみに1回目とは違って受けた時間が日没後でした。
なのでライトを付けての練習。

その途中で急に横殴りのみぞれ?が降ってきたようです。
直ぐに止みましたが。それでもワイパーフル稼働させないと前が見えない状況になりました><

後は・・・まあ特に何も無かったかな(
最初を除き教官が何も言わない時間が多く続いたから。
安定してきたかもね。

あ、発車とかのアクセルワークはまだぎくしゃくしてて(マテ


 ↓以下コメントレス

MORE »

 ■実車

さあ今日は実車いってきたぜ。
本物の車のハンドルを持つのはこれが初めてだな。

最初は前回の模擬操作の復習、そして簡易的操作の仕方の説明から始まりました。

そして運転席に教官と僕が入れ替わり、いよいよ演習開始。

最初に座席の位置の調整。その後シートベルトをしてクラッチとブレーキを踏みこむ。
(最初にクラッチ踏みこまないとエンジン掛かりません><)

キーを回し、セルモーター始動。
エンジンがかかったことを確認し、シフトレバーをロー(1速)へ。

ハンドブレーキ(サイドブレーキ)を下ろし、模擬で習った通りアクセルに足を置く。



「え?こんなに簡単に吹け上がっちゃう(エンジンの回転数が上がる)の?」


最初戸惑いましたよこれは(・・;
思ったより調整が難しかったです。
教官から「軽く乗せるように。」と指摘されたので言われたとおりにやっても、自分では軽く乗せてると思ってるのにエンジンの回転数がみるみる上昇してしまいます・・。

まさか発進に苦労するとは・・・まあ徐々に慣れていきましたが。
半クラッチを駆使しての発進は特に問題ありませんでした(ぇ

んで動いたらで次はブレーキ。
僕は言われる通りブレーキを踏んだ。



「え?こんなに強く効いちゃうものなの?(二度目)」

車体が大きくピッチングし、教官も思わず「強すぎだね(苦笑)」の一言。

あ、そういえば教本には速度が遅ければ遅いほどブレーキが良く効くって書いてたなぁと思い出し、バックは繊細なブレーキングを心がけようとしました。
バック時の操作だけど、何故か普通に発進できました。
そりゃあクラッチ操作だけですからねぇ。

これを数回繰り返す。
発着の方法に慣れ、緊張していた心がほぐれたところで次はコースを1周する段階へ。

まあここで注意することは中央線よりも出来るだけ左の方によることとカーブ時の目のやりどころでしょうか。
自分が予想していた目のやりどころと全然違うことに驚き(オイ

あとハンドルをどれだけ回したら安全にカーブを通過出来るのかというのも。
最終的にはおおよその感覚をつかむことに成功したけど、まだまだ完璧とは言えないけどね。やっぱりこういう分野は慣れなのかなぁ。

コース内を時計、反時計回りに走行を繰り返しているうちに、あっという間に終了時間が来たのである。

総合的には、ライン取りは比較的良く出来ている(最初はよく脱輪しやすい)ようです。教官からも褒められました。
ただ、課題なのはやっぱりブレーキとアクセルでしょうねぇ(笑)
今まで自転車ばかり漕いでいたので、足の繊細な動きが取りにくいんです><

・・・まあ、そこはやはり「練習」なのでしょう。
これからは精進しなければ(


↓以下コメントレス

MORE »

 ■机周りを掃除してみた

机が大学で配られたレジュメや教科書、辞書などであふれかえって大変なことになったので思い切って掃除してみた。

ノートパソコンが乗っている机は小学生から使っている学習机である。
学習机であるので棚がいっぱい並び、ライトも付いている。
その棚には本やらであふれかえっていたのだ。

この棚(とライト)のおかげで作業スペースが少なくなっていた。
小学生の頃はさほど気にならなかったが、やはり自分が大きくなるに従って窮屈に見えてきた。
先ほども言った通りレジュメ、本などが増え、さらにペンタブも置いているので尚更である。


なんならこの棚をどけてしまおう。


今使っている学習机は棚と机が分離できるタイプである。
金具を外しさえすれば分離可能である。そうとなったら分離させるしかない。

そして、棚に乗っている本とやらを全てひっくり返して、空の状態に。
分離作業の準備が整ったところで棚を持ちあげた。これが結構重かった。

無事に分離成功。
鬱陶しかった棚とライト類が無くなり、一気に解放された気分になった。
この行動は正解だったようだ。

机を拭き、本を並べる。
よく考えたら、2008年、2009年の本も紛れている。
いい加減捨てないとなぁ。
でも何故か心の中でまだ必要だ!と思ってしまい、残してしまう。
それだけ去年一昨年に未練があるというのだろうか(

と、まあ今日は掃除の話をしてみました。プチ模様替えといったところです。
対象は学習机だけでしたが、それでもだいぶ印象は変わったと思います。
でもせっかく掃除したのにすぐに散らかってしまい(ry


↓以下コメントレス

MORE »

 ■変換

Formulaさんのブログ、理性がどっか飛んでったで面白い遊びがあったので僕もやってみることにした。

以下引用。

遊び方。

まず頭文字をいくつか決めます。

その文字を携帯で打ち込み、出てくる予測変換の1番目を書き出します。

それをつなげて文章でも作ります。

引用終わり。


リンク先のブログでも同じく、「あ」「い」「う」「え」「お」で始めて見た。




「あ」: ありがとう

無難な変換候補かな(



「い」: 今

こちらも無難。



「う」: 運転

何かを運転したようです。



「え」: 炎上

なんだか縁起の悪そうな・・・



「お」: 陰陽師

どうしてこうなった。


後半につれて刺激的な単語が目立ちました(

それではこれで一文を作ります。



ありがとう。今運転してて車が炎上したけど助かったよ、陰陽師の皆さん。




何だよこれ。


↓以下コメントレス

MORE »

 | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。