USED NOTE

≫2010年08月

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■ようやく、ついに

卒業検定合格。

残すは試験場の学科試験のみである。

これが受かればいよいよ本免許の交付。

晴れて一人で運転できるようになるのだ。

この瞬間をどれだけ待ちわびたか!


まあ本番は緊張したし、失敗した所もあったけど。
それでも何とか合格をもらいました。


というわけで、自動車免許免許奮闘記カテも、まもなく完結する見通しです。
暇な人は、一番最初に戻って見てもいいでしょう(まあそこまで数は無いけど)。


↓以下コメント返し
スポンサーサイト

MORE »

 ■体の調子とか

最近、足が冷たくなることが多くなった。
末端は冷たくなりやすいというが、脛あたりまでひんやりと冷たくなっているのである。
暑い日だというのに、血行が悪くなって冷たくなってるんですかねぇ。
よく冷房の風に当たり過ぎて体調を崩すとも聞きますし。

学校でちょっと寝たい、という時によく机に突っ伏して寝るスタイルをとります。
(もちろん授業はちゃんと起きてますよ。)

そのスタイルで寝た時なのですが、起きると必ず脚が痺れます
正座なら分かるのですが、この場合椅子に座ったままで寝ているので(「←脚がこんな状態)血行が悪いことに
起因する痺れでは無さそうです。

周りの友達はそういうような事は起きないと言ってますが、果たして僕だけなのでしょうか。
だとしたら、何か患ってたりするのでしょうか。少し不安です。

 ■残り、0。

今日で技能教習の全てが終了いたしました。

P1000110.jpg

この配車券を見て「ああ、もうここまで来たんだな。」という気持ちになりました。

入所した頃、残りは「34」だった。
それが今日では、「0」になっている

思えば模擬教習から始まったんだよなぁ。
何やらシートが取り付けられていてる運転台に付いているモニタをずっと凝視してた。

妥協しなかったりとかで凹んだり。
学科教習では面白い話を聞くことが出来たし。

そう言うのが5ヶ月間(遅すぎですね^^;)の間にありました。


この日が迫ってくると、急に哀愁漂うようになりました。
これで本当に終わるんだな、と。
教えることは、もう何もない、という声が聞こえてきそうでした。

長く居ればいるほど、別れるのが辛くなります・・・。

その辛さをよそに、確実に成長した所があります。
なんといっても運転技術でしょう。
特に安全意識に心がけるようになりました。

最初はエンストの連続だったのも、今では信じられません。
心に余裕ができ、まさに車を操ってる感じがします。
あの時の不安は、楽しみへと変わっていきました。


悲しみもありますが、感謝の気持ちでいっぱいです。
人生の中で、本当にいい経験でした。

さて、これから学科の効果測定を受け、通ったらいよいよ卒検となります。
卒検は第2段階は技能のみ。自動車試験場にて学科試験を受けます。

その試験に受かったら、晴れて本免許を手にすることが出来るのです。
自信を持って受けていきます。

頑張れ俺!




・・・えっ
免許取り消しになったらまた来ることになるって?

・・・なんのことでしょっ(



↓以下コメント返し

MORE »

 ■高速乗った

さて、今日は高速教習がありました。
数ある技能教習で唯一50km/h以上のスピードを出す教習です。

高速に乗るため、とある入口から合流します。
その合流ですが、ETCレーンで20km/h以下にスピードが落ちていたので、ここから一気に加速します。

まあ80km/hまで加速しなければならなかったので、それまでアクセルベタ踏みのまま。
エンジンがブォォオオオオオオオオオオオオオォォォンン!ヴヴォォオオオオオオオオオオオオォオ!と音を立てて加速。
あ、ちなみにこのときはAT車だったのでMT車とは違ってこのように回転数が上がります。
タコメータは注視していなかったのですが(というかそれしたら後方の確認が疎かになってしまう)、5000回転くらい回ってたのかも。
まー教習車は6500回転からレッドゾーンなんですがねぇ。
実際こういうのはあまりやらない方がいいですね。ガソリン食うし負担はかかるし・・・

でも車の限界を調べてみたいという気分で、一回ぐらいは思いっきり回してみたいのですが((

まあそんな感じで高速に乗ってまいりました。
一般道と違っていたのは、道が広いこと(今回は片側3車線ある余裕のある道路)、スピード、信号機が無い、そして眠たくなることでした。
操作がずっと単調になるので、非常に眠気を催すのです。正直途中で休憩したかった(
改めてサービスエリアのありがたみを感じました(今回はSAの前は通っていませんが)。


考えてみると、自動車は本当にいろんな可能性を秘めています。
免許交付されて一人で乗れるようになったら、行動範囲が一気に広がりそうです。
(あれ、前にもこんな言葉言ったような・・・まあいいか;)




おまけ

父さんの車のホイール、ピッカピカにしてやんよ。
(画像クリックで拡大)

-Before-
P1000104.jpg
P1000106.jpg

-After-
P1000107.jpg
P1000109.jpg

僕も乗るようになるんだからしっかりしないと(

 ■もう5年

リヴァイアさんのサイトにて、「伝説の対談」というコンテンツに目を通していました。

伝説の対談とは、チャットにてリヴァイアさんと1対1で対談し、思い出に浸ろうという企画です。
あまり聞くことのない思い出や、裏話(!?)などがログとして見れます。

たまにこの伝説の対談をみて思い出に耽ったりとかするのですが、自分はあることに気が付きました。
「そう言えばリヴァイアさんと出会ってから5年近くも経つんだな」と。


正男に出会ったのは、中3の夏の頃。
今夏でちょうど5年前の出来事でした。

当時はFlash動画が衰退し始めた頃であったが、まだまだ自分の中ではFlash動画、ゲームの印象が強いままでした。
もちろんその時はFlash動画が衰退するとは考えられませんでした。

正男はJavaを使ったゲームであり、一昔前のプログラムだなぁという印象がありました。
しかし、誰でも簡単に作れるという魅力に惹かれ、徐々に正男にハマって行きました。

そして、その中でリヴァイアさんに出会ったのです。
それは本当に運命の出会いだったのでしょう。


途中の経歴は割愛しますが、正男プレイヤーからチャット仲間になり、そして大学生の頃にはイラストを描くようになりました。
5年前の自分と比べてみれば、想像もつかない成長でしょう。

たった5年のことだ、と言って片付けてしまわれそうですが、自分にとっては激動の5年間です。
対談をしたら、きっとものすごく濃い内容になるのでしょう。


さて、次の5年間は、どうなるのかな。


↓以下コメント返し

MORE »

 | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。