USED NOTE

≫2010年12月

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■今日のケースファン

さて、今日も懲りずにケースファンを買ってきてまいりました。
まあ今回のはドレスアップ目的ですが。

DSCF0338.jpg
DSCF0339.jpg
DSCF0340.jpg
・12cmケースファン(12x12x25mm)
・akasa製 型番:DFS122512L
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:0.18A
・回転数:1200rpmぐらい
・3ピン給電
・赤色LED

ドレスアップ目的のために新たに購入しました。
アウトレット品だったのでこのサイズでは結構安かったです(780円)。いわゆる激安パーツ。
従来の青色LEDを使ったファン、個人的には黒い筐体にはいまいちだったので赤色のに変えてみました。
取り出してみたところ、うっすらとピンクがかった色のファンだと確認しました。
透明のフレームだと思っていた僕としてはちょっと予想外でした。

取り付けようとビスをねじ込むと、フレーム全体がたわみます。
強度的にはちょっと不安な一面があります。
そして取り付け後、フロントパネルを元に戻し電源ON。
ちゃんと光ってくれました。

DSCF0343.jpg
後ろにあるドラえもんは気にしないこと

こんな風に、赤色LEDにするだけでだいぶイメージが変わりました。
気になっていた動作音でしたが、そこまでうるさくもなくストレスは感じさせません。
むしろ3000rpmのやつで感覚麻痺してるかも
いい買い物でした。

ただ、気になる点が一つ。
それはソフト上で表示されるファンの回転数です。
やはりアウトレット品であり値段相当といってよろしいでしょう。

124966f47fb9b56d168f13ed3bc1d54b.png
どうがんばってもここまで出せません(笑
スポンサーサイト

 ■ケースファンまとめ

こんにちは。

今日は今の手持ちのケースファンの紹介をしていきたいと思います。
12cm角のファンが中心です。


DSCF0326.jpg
DSCF0327.jpg
DSCF0336.jpg
・12cmケースファン(12x12x25mm)
・サイズ製 型番不明。
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:不明
・回転数:800rpmぐらい
・ペリフェラル4ピンによる給電

新しくケースを買ったときに標準で付いていたファンです。
回転数はケースが入っていたダンボールに書かれていたものを参考にしました。
何の変哲も無く、800rpmなので音は静か。
ただ、動作時にこのファンに耳を済ませると「チチチチ・・・」といった軸音が鳴っていました。
環境によっては気になる音だと思いますが、ケースの奥に配置されているのでまあ気にすることは無いでしょう。
あと、このファンの排気側の中央にあるメーカー名が書かれているラベルが何故か二重に貼られていました。
写真ははがした後ですが・・・一体何のため?
バランス取りなら吸気側でやるかもしれませんが・・・


DSCF0328.jpg
DSCF0329.jpg
DSCF0334.jpg
・12cmケースファン(12x12x25mm)
・サイズ製 型番不明。
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:不明
・回転数:800rpmぐらい
・青色LEDにより発光
・ペリフェラル4ピンによる給電

こちらも新しいケースに標準で付いてきたケースファンです。
スペック的には先ほど紹介したファンとほぼ変わりありません。
強いて言えば青く発光するぐらいでしょうか。
しかし、先ほどのと比べるとこちらのファンのほうが若干回転数が少ないような・・・?
ちなみにLED球は取り外すことが出来ます(あまり意味無いけどね)。


DSCF0330.jpg
DSCF0331.jpg
DSCF0337.jpg
・7cm角ケースファン(7x7x?mm)(厚さ測り忘れました)
・デルタ電子製 型番:AFB0712VHB
・ブレードの枚数:9枚
・電圧:12V 電流:0.55A
・回転数:1200~6000?rpmぐらい
・PWM制御
・マザーボード4ピン端子による給電

AMDのリテールクーラーに乗っかっていた7cm角のファン。
いわずと知れたデルタ電子製で、轟音ファンとして有名です。
が、轟音となるのは高温時での話。低音時はわりと静かでした。
・・・それでもリテールではあっという間に高温になってしまうのでCPUに負担かかるようなことすると
すぐにうるさくなる大人気ないファンです(汗
小型で高回転なので、高周波の音が目立ちます。
ファンのモータ部(コネクターが伸びてるところ)からちょぼっと出てる基盤があり、そこで
温度制御を行われるものだと思います。PWMでも制御されますが、PWMなしではフル回転になり先ほどの
はみ出ている基盤のもので制御されると思われます。
うるさいながらもちょっと非力であり、早々離脱したファンでもあります(^^;

DSCF0325.jpg
DSCF0324.jpg
DSCF0335.jpg
・12cmケースファン(12x12x25mm)
・ENERMAX製 型番:UCMA12
・ブレードの枚数:9枚
・電圧:12V 電流:0.40A
・回転数:1500rpm
・ファンブレードを取り外して掃除可能
・特殊形状の羽
・3ピンによる給電

自分が初めて買ったケースファン。
購入理由は赤いブレードであることの理由(^^;
黒に赤のアクセントを取り入れるようケースのフロントファン用に購入しました。
(後々メッシュでさほど目立たなくなってしまう事態が発生しましたが・・・)
動作音は「ぶーん」と換気扇が回っているような音で、音はさほど大きくありませんでした。
しかし超静音と謳っている割には800rpmの標準装備のファンよりも音が大きいと感じました。
それでもブレードの特殊型式により生み出される風量は確かなもので、満足しています。
現在はファンコンをかまして回転数を落として使用しています。
掃除がやりやすいよう、ファンブレードが取り外せれるのも魅力のうちです。


DSCF0322.jpg
DSCF0323.jpg
DSCF0333.jpg
・12cmケースファン(12x12x38mm)
・サイズ製 型番:DFS123812H-3000
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:0.66A
・回転数:3000rpm
・高速静圧タイプ
・3ピンによる給電

こちらも自分で新たに購入したファンです。
ちょっとネタ色多めの購入でした(ぇ
12cmで3000回転というとんでもないケースファン。
モーター部も他のファンと比べて大きく重量もずっしりとしています。
厚みが38mmもあるので、他のパーツとの干渉に要注意です。
いわゆる轟音ファンの一種であり、今のところ電流、騒音レベル、風量、厚みともに
歴代ケースファンNo.1を誇っています。
結構な電流が流れるので、給電はできれば(変換コネクタを使って)ペリフェラル4ピンから行いましょう。

フル回転時はこれでもか!と言わんばかりの風量と動作音で、何もかもが豪快なファンです。
しかし最近は7V駆動でそこそこの風量と動作音がおとなしくなることを発見しました。
近々簡易ファンコンを自作してこのファンを制御する予定です。
なお、回転中のファンに指突っ込むとざっくりとやられてしまいますので、フィンガード推奨です(^^;



以上、手持ちのファンをまとめてみました。
またファンが手に入ったらレビューしていきたいと思っています。

ありがとうございました!
DSCF0332.jpg


↓以下コメント返し

MORE »

 ■轟音ファン+α

轟音ファン。

それはその名のとおり動作音が非常に大きいケースファン。



一般的にそれは性能が良いファンといわれる。
しかし、それを引き換えとして快適さを犠牲にしなければならない。
静音化か、性能重視かのジレンマが襲う。

4000rpm、5000rpm、6000rpm・・・
38mm厚、二重反転ファン、高電流・・・

スペックはエスカレートし、時にバケモノになって耳に襲い掛かる轟音ファン。

快適さを求めるのなら、誰もが避ける道であろう。



しかし、自分はその轟音ファンを手に入れてしまった。

圧倒的な風量に惹かれてしまい・・・
その分厚さ・・・
重さ・・・
特異な存在だったから・・・
誰も持たないであろうファンを持つという優越感の為だけに・・・




DSCF0317.jpg



ULTRA KAZE 3000rpmバージョンを!

※今回は会話形式の内容が含まれています。
※苦手な方は「jump」をクリックして読み飛ばしてください



はとろじー「はい、どうもーはとろじーです」

キリ「私キリ、よろしくね。管理人はケースファンみたいに頭くるくるぱーだね」

は「こらこら・・・」




そんなわけで、毎分3000回転という物騒なファンを手に入れたのである。
このサイズで高回転系のファンは、例外なくうるさい
それにもかかわらず買ってしまったのである。


キリ「あれれ、そういえば以前の記事でうるさいのは嫌だって金網を外したって言ってたよね?
   前回で懲りたはずなのにどうしてまたうるさそうなファン買っちゃったの?学習能力n(殴」

いいところ気が付いたね(一言余計だけど)。


確かに、無駄にうるさいのは僕だって嫌である。
しかし、前回のうるささは、耳に付くようなうるささである。

ほら、黒板を引っかいたときに嫌ーな音が出るよね?
あれと同じで、金網のはちょうどその不快な周波数が出てしまったんだ。

いわゆる僕にとっては許せないうるささだったんだ。

でも、こいつは違う。
大概は風切り音だったり駆動時の低周波のノイズだったりするんだ。
つまり不快な周波数は出ていない、許せるうるささなのである。

あと、このサイズの上でうるさいのに対して風量稼げないのも嫌い。
うるさいけど風量もそれなり稼げるならおk。
つまり意味のあるうるささも許容範囲外。




さて、対話はそろそろ終わりにして製品レビューと行きますか。
おまたせしました。



DSCF0313.jpg
全体。

SCYTHE ULTRA KAZE 120cm

スペック:
電流/電圧:12V/0.60A
風量:約133CFM
音の大きさ:約46dB
回転数:3000rpm

サイズ:12cm×12cm×38mm
3ピンコネクターリブなし。

およそ1400円で購入。


DSCF0314.jpg
かなり厚みがあります。


DSCF0316.jpg
右の既存のファン(厚さ25mm)と比べてもこのとおり。


重さは、結構ずっしりとしています。
大電流に対応できるようモーター部が大きく重くなっているのでしょう。


さて、気になる動作音は・・・


想像してたとおり、すさまじい音。
しかし、大満足の風量。

これをつけると、ケース内の空気が一気にかき混ぜられてるような気がします。
でも温度は・・・大して変わってない・・・? あれれー?

CPUクーラーに付けたら劇的に下がりそうだけど、排気目的ならまあこんなもんかな?


これにて今回のレビューは終わりです。
まあこれで夏場の高温時にも安心できるようになりましたし、どうしても我慢できなければ
ファンコンをつけて減速させるのも手かもしれません。

最後に動作音の動画をうp。



購入を検討している方はぜひご参考に。




追記:

この前ファンを点検したとき、フレームの内側に潤滑油らしき液体がこびりついていました。

DSCF0321.jpg
ブレブレですみません;(画像中央より少し上のほうに油の点々が・・・)

おそらく高回転による遠心力で余分となった油が吹き飛ばされたものだと推測できますが・・・
もしそうじゃなかったら寿命に大きく影響しそうな気がします。

もしかしたらこれが高速ファンの宿命なのかもしれません・・・




2010/12/20
さらに追加情報:

7Vで稼動させると結構いい感じに動いてくれることが判明しました。
風量があり、かつそこそこ静かになり満足な結果となりました。
(5V駆動も試してみましたが、動くもののこのファンでは軸からの音がうるさかったのでやめました)

ただ、7V化は配線を組み替える必要があり、むき出しのままではケースに当たるなどしてショートし
最悪、電源が壊れるリスクを伴う可能性があります。
実行は自己責任でお願いします。

このままつなぎ変えただけではいずれ接触してショートしたり、電源に負担が
かかって寿命が縮まりそうなので、近日簡易ファンコンを自作してみたいと思っています。
フル回転⇔7V稼動⇔オフ にしてみたいと思っています。


↓以下コメント返し

MORE »

 ■魔?改造

ついに手を出してしまいました・・・

ケース改造。

事の発端は、風量が足りないから、中のファンが見えにくい(個人的にちょっと嫌だった)からというしょうもない思いから始まりました。


とりあえず作業開始~。



DSCF0302.jpg

作業前の写真。

まあ低回転、光り物のファン使う限りは実際メッシュでもいいと思うけど。
でも、赤いブレードや高回転のファンを付けても、見栄えが悪かったり風きり音がすごかったりするんだよね。

DSCF0303.jpg

フロントパネル裏には、このようにケースファン(12cm)がついています。
ちなみに電源入れると光ります。ピッカピカです。

過去にここに赤いブレード仕様のファンぶっこんだ事がありますが、そのときは思ったよりも存在が薄く見えて・・・
というかメッシュの密度が高すぎるんだと思う
若干鼻づまり気味みたいだし・・・

ならば目の粗い金網仕様に交換するまでだ

DSCF0304.jpg

ファンをはずし、メッシュを取り外す作業にかかる。
メッシュは写真のように折り曲げて固定されている。
ただそういう風になっているので、これを逆に折り曲げてしまえば外れるのである。

DSCF0305.jpg

外れた~
メッシュバイバ-イ

そして・・・

DSCF0306.jpg

KA☆NA☆A☆MI 参上

銀色に光る刺客

圧倒的目の粗さ

お値段(100円)以上の性能

見た目からして通気性の良さを醸し出している・・・!

さてこれをメッシュ外した穴の大きさに合わせてぷちぷち加工するぜ!
加工の様子は・・・夢中になりすぎて写真撮り忘れました(オイ

DSCF0307.jpg

うーむ、何とか大きさに合わせて作ってみたが、あちこちゆがんで取り付き具合が不安定に。
不安定なことを承知にして運用を続けるか、あきらめて元に戻すか・・・。

しかし
ファンと金網を合わせたとき、奇跡が起きた。


DSCF0308.jpg

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  三__|__
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  口 |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    ‐┬‐
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    │ 田│
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     ̄ ̄  
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    、 マ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /     了 用 
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        '"`ー‐
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         ,
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/          レ |  
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          ノ
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //          
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _    
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\


なーんと、
金網の間隔とねじの来る位置がちょうどぴったりだったのだ。

これはしめたと思いねじでを閉めこんでファンガードみたいに金網を取り付ける。
ずり落ちたりガタつき、歪みもなく、あっけなく装備完了。
ヤッタヨー\(^o^)/

ケーブルを元に戻し、フロントパネルを取り付ける・・・

DSCF0309.jpg

圧倒的ファンの存在感

赤いブレードがより見えるように。

これはいける・・・!
そう思ってすべての期待を胸に乗せ静かに電源ボタンを押した・・・


「カチッ」

「・・・ッンプオオオオオオオオーーーーーーー・・・!




                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ てめえが何でも
                /(  )    思い通りに出来るってなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す





うるせえ。

想像以上に五月蝿いよ君。


いや、なんなのこの風きり恩・・・
せっかく苦労して作ったのに・・・こりゃないね。うん。

確かに存在感は増えたかもしれないけど、
これは失敗作だった。

周波数の低いグオオォォーというような風切り音なら許す。(メッシュは高かった)
でも金網よ、てめーは駄目だ。耳障り過ぎる



・・・ということで

DSCF0310.jpg

金網はクビになりましたとさ。

現在は第2候補だった写真のような改造を施して運用中・・・。
ファンむき出しなのでファンガードは必須かも・・・後に取り付ける予定です。

最後に一言・・・



俺の苦労を
返せええええええええええええええぇぇぇぇぇぇぇ!!!!



キリ「なによ。自分が勝手に金網でやろうとして自爆したくせに。バカバカバーカwww」

俺「(#^ω^)ビキビキ」

 ■Phun入れてみた

こんにちは。

データ移動中にPhunを入れてみました。
ニコニコ動画でたまに見かける物理演算の動画のあれです。

以前のPCでは処理落ちがひどかったり、突然謎のブルースクリーンになったりしましたが、
新PCではそのようなことが起こらず快適に動いています。

ということで早速こんなもの作ってみました。

daisya.png

はあ。鉄道好きだね僕って。今更だけど。
それも第一作が台車という・・・(

 | HOME | 

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。