USED NOTE

≫2011年04月

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■MA-280B2 90W + MI-E350

この前注文しておいたPCケースが届いたので、早速組み立ててみました。

DSCF0524.jpg

まあ作業過程なんて一気にふっ飛ばし、いきなり完成風景ですが(ぁ

今回チョイスしたのはMiniITX規格用のスリムケース、「MA-280B2 90W」というものです。
ピアノブラック塗装が美しいです(そのかわり指紋が付きまくりますが^^;)。

届いたときにこれを見て発した言葉は「小さっ!」でした。
本当に小さいですよ。
どれくらい小さいのかというと、

DSCF0523.jpg
(部屋汚いねー写ってない所は地獄絵図)
これくらい小さい。
背後にあるのは普通のミドルタワーのATXケースだけど、大きさ的に4分の1くらいかな?

さて、気になる中身ですが・・・

DSCF0515.jpg

こんな風に収まりました。
収まったとは言っても、配線やねじ止めにかなり苦労しましたよ。
本当にすし詰め状態です。配線に関してはもう少し工夫が必要かな・・・^^;
この中にさらにSSD(今回は買って来てないけど)や光学ドライブが入るので、何もかもがギリギリ設計だったりします。

そんなぎゅうぎゅう詰めな彼も、ケース上部は穴があけられ通気性が確保されています。
加えて両サイドにも通風のための穴が開いているので、排熱に関してはさほど気にならないでしょう。

DSCF0516.jpg

マザーボードの他に、このような基盤も乗っています。
DC-DC基盤と呼ばれ、ここからマザーボード用、CPUの補助電源用等の電源が配電されます。
つまり、電源ユニットとマザーボードが入るスペースとをひとまとめにしちゃったもの。

DSCF0525.jpg

交流100Vから直流電源へ変換する部位はこのアダプタが担います。
これにより、ここまでケースを小型化することを実現しています。
ちなみにアダプタは90Wの出力まで対応しています。

DSCF0517.jpg

DSCF0518.jpg

冷却ファンも標準装備されています。
(ちなみに回転数はおよそ4200回転のようです)

DSCF0519.jpg

SSD、およびスリム型光学ドライブ用のブラケットを取り付けたところです。
この時点で配線とかかなり圧迫されています。とは言え無理な曲がり方になるようなことはありません。
ストレージを付ける際は配線にも一工夫が必要そうですが。

ちなみに、光学ドライブの排他使用で、このブラケットに2つの2.5インチのストレージを取り付ける事ができます。

DSCF0520.jpg

さらにこのブラケットを追加する事でもう1台2.5インチのストレージを取り付ける事ができます。
ブラケットを最大活用するならば、光学ドライブ排他使用で最高3台までのストレージを取り付ける事ができるようです。
光学ドライブありなら最大2台までです。
小さいケースながらも、容量の拡張性を最大利用した仕様となっています。

ただ、3台ともHDDだと排熱がすごい事になりそうです。
複数台前提なら排熱の少ないSSD(割高だけど)がおすすめかもしれません。
まあ今回は1台しか乗せない予定で行こうとしていますが。


述べるべき特徴は以上でしょう。
この手のケースは、排熱を考えると低発熱型のCPUとの相性がよさそうです。
主にIntel AtomやAMD APU等。

サブマシンとして欲しいがスペースは取りたくない、という方にはおすすめでしょう。
その分いくらか拡張性は犠牲になりますが・・・

あと、窮屈なケースなので、配線に工夫を重ねたり、ねじが締めにくかったりしますが、その点を
クリアーできるのならやりがいはあると思います。
個人的には御の字でした。


最後にスタンド付きの写真。

DSCF0526.jpg

ありがとうございました。
スポンサーサイト

 ■近況報告とか

最近PCパーツの話題しかない。
というか自分の趣味フルスロットルだけどねっ!

ということでこんにちは、はとろじーです。
とりあえず近況報告。


大学の授業のガイダンスも一通り終わり、履修も済ませようやく通常通りの生活が戻ってまいりました。
ただ、今年はちょーっと忙しくなるかな?

とりあえず、月曜は昼過ぎの1科目のみ。これはありがたいです。
火曜日は2~4限と科目多し。
水曜日も上に同じ。
木曜日は昼前の1科目のみ。
金曜日は2限と3限の2科目。

印象としては、やはり去年と比べてとるべき科目が減った事でしょう。
私もこの時点で単位数は90以上なので、不足している科目も少ないからです。

ということで時間的余裕が生まれた事で活動頻度も・・・簡単には上がらないようです

なぜなら、大学よりも就活やバイトなどで多忙な日々が訪れる事になるのです。
特に就活は就職超氷河期というだけあって時間的にも厳しくなりそうな予感です。

これにより某チャットへの出現頻度も減りそうな予感です。

なお、Twitterの方では更新し続けていますので、そちらの方でも生存確認が出来ます。
→http://twitter.com/hato_810

また何かあれば(要アカウント)リプライで返事をしてもかまいません。
むしろ大歓迎です^^

ということで、これからもよろしくお願いします。


↓以下コメントレス

MORE »

 ■ついてない日々

・自販機で目の前で買いたいものが売り切れる。

・券売機で10円のおつりが返ってこなかった。

・自分が今組み立ててる構成とまったく一緒の構成のキットが発売され、そっちのほうが安い。

・目の前で電車が発車する。

・店行っている間に傘パクられる。



これ全部今日一日で起きたんだよね。

 ■4cmファン三兄弟

DSCF0504.jpg

今回購入したMiniITXのCPUクーラのうるささ対策のために買ったファンを紹介。
(上の写真右二つのファン)

DSCF0505.jpg
DSCF0506.jpg
DSCF0507.jpg
・4cm角ケースファン(厚さ10mm)
・製造元:XINRUILIAN 型番:RDL4010S
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:0.06A
・回転数:毎分4200回転
・マザーボード3ピン給電
・リブあり

購入した4cmファン1号。
第一印象は、「すごく小さい」。当たり前ですねぇ。
12cmファンの大きさになれてしまったせいもあるので・・・

しかし小さいながらもちょっと風が来るくらいの風量を感じました。
よくこういう小径のファンは高速回転でうるさいといわれますが、このファンは個人的には静かなほうでした。
ただ、「ジー・・・」といった軸音が聞こえてきます。この軸音は起動から時間とともに消えていきますが・・・。

リブ有りとなります。
というか、4cmファンはほとんどリブ有りかもしれませんが。


DSCF0508.jpg
DSCF0509.jpg
DSCF0510.jpg
・4cm角ケースファン(厚さ10mm)
・製造元:サイズ 型番:SY124010L
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:0.06A
・回転数:毎分3500回転
・マザーボード2ピン給電、またはマザーボード3ピン給電
・リブあり

Mini-KAZEという名で売られている定番サイズ製の4cmファンです。
フレームの形状がXINRUILIANと異なりますが、ブレードの形状についてはほとんど同じのようです。

先ほどのXINRUILIANより回転数は落ちており、実際に回しても非常に静かでした。
(若干軸音が目立ちますが。個体差かも。)
ただ、風量の面ではやや不安かもしれません。

ちなみに一回Mini-ITXのCPUクーラにこれをつけてみましたが、見る見るうちに温度が上がり60度前後で
安定していました。とはいえさすがにフルロード時は危ないと感じたので、候補からは外しておきました。

また、グラフィックボード用のクーラと普通のクーラと兼用で使えるようにするために、

DSCF0511.jpg

こういう風に2ピン→3ピンの変換ケーブルも付属されています。
これはありがたいです。


DSCF0512.jpg
DSCF0513.jpg
DSCF0514.jpg
・4cm角ケースファン(厚さ10mm)
・製造元:不明(中央にJF?) 型番:不明
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:0.18A
・回転数:推定毎分5000回転
・マザーボード3ピン給電
・リブあり

今回買ってきたマザーボードのCPUクーラについていたファンです。
全体の形も、XINRUILIANとよく似ています。
まあ4cmファンと小さいので、デザインに関しては制約があるようです。

音なんですが、うーん・・・うるさい(汗
先ほどの買ってきた2製品と比べてダントツにうるさいです。
「フォアー」というか、静音何それおいしいのと言わんがごとくフル回転してくれます。
風量はそれなりにありますが。

あと、作りの精度もちょっと悪いような気もします。
回してみると回転羽のブレが気になる・・・。
それもあってか振動もかなり大きく感じました。

使えないってわけでもありませんが、静音化を目指すために真っ先に退役する運命になりました。
将来はリビングにおきたいからねぇ。


なんだかんだ言って、XINRUILIANには回転数と風量、音量においてバランスが取れていると思います。
XINRUILIANで統一しようかなー(ぁ

 ■結局妥協して

DSCF0502.jpg

ファンレスじゃないほうを買いました。はい。(GIADA Giada MI-E350)
まあ寸前で「ファン付きでもよくね?」と考えまして。
特別仕様が変わるわけでもないので、こちらのファン付きタイプを購入。12980円なり。
写真はテスト動作中の風景。机汚いね~^^;

DSCF0501.jpg

AMD最新製品である「Zacate」(コードネーム)と呼ばれるGPU統合チップが採用されたマザーボードです。
CPU付きでこの値段なので、ネット専用機と割り切るなら十分満足なコストパフォーマンスでしょう。

とはいえ、スペックもなかなかのものであると耳にしました。
まだベンチマークや体感はしていないのですが、なかなか侮れないマシンになるのかもしれません。
なかなかなかなかなかなk(ry

さてこの製品についてですが、元から付いてるファンがうるさいです・・・
まあそこは交換・・・というかそういうのを想定してまたファンを買ってしまいましたが(
ただ、そこそこ発熱するのでファン選びには慎重を期します。

ちなみに、本家のHPの製品情報を見てACアダプタも付属しているのでは?と思いましたが、残念ながら
この製品には付属していませんでした・・・。 製品情報についてはもともと海外向けだったのかもしれません。
まあACアダプタが付属していないってことで困る事はありませんが・・・

Mini-PCIe(1枚目写真中央よりやや左側の白いやつ)は、個人的にはありがたいです。
収める予定のケースは拡張性は考慮せずインターフェイスカード用の縦穴が無いので、
この場合はMini-PICe用のカードで直接マザーボードに取り付ける事ができます。

といっても拡張する予定はあまり無いかもしれませんが・・・(ぁ

とりあえず正常に動作しました。
魅力的なPCが組みあげることができると信じています。

 | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。