USED NOTE

≫2012年06月

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■豆球もLED化

寝室の豆球が切れたので、地元の電気屋へ突撃。
もちろん豆球を買うわけですが、普通の豆球じゃつまらないと思い同じく陳列されていたLED豆球を購入してみました。

実はLED豆球の購入自体は初めてではないのですが、以前(2年前)に購入したLED豆球は暗くて暗くて・・・
今回は点灯されている状態で展示されているのを見かけ「お、これはいけそうかも」と思い購入に至りました。

果たして2年前のLED豆球からどれだけ進歩したのか、フィラメント式豆球の代替となり得るのか、さっそく検証してみました。
スポンサーサイト

MORE »

 ■コミュニケーション

正直に言えば、私は人と接するのが苦手である。
実際にあって顔を見ながら接することはともかく、インターネットでの実際に会うことも顔を見ることも無い接触も苦手なのである。

大学生活やtwitter、さらにはpixivを通して最近思ったこと、「自分は売込みが下手過ぎる」ということである。
どのコミュニティの場においても、自分が来てからすでに3年は経とうとしている。
しかし、本当に友達といえるような人が大学では出来ず、フォロワーやマイピクもたいして増えなかった。

売込みが下手とは、チャンスを作るのが下手糞とも捉えることが出来る。
チャンスを逃してしまったわけではなく、そもそもチャンスが無かったのである。
自分が動かなかったから、3年間の空白の人生が生まれてしまった。

過去に何年も苛められていたこともあって、下手に友達を作ってしまうと自分にどういう物が降りかかってくるのか分からないという恐怖が勝ってしまった。
そうした意識が邪魔してしまい、数々の交流のチャンスを無意識に断って行ってしまった。
自分が売込みが下手糞なのが自覚しているが、こういった意識のせいでなかなか行動出来ずに居ている。

友達と関った時のリスクから逃げ、交流を閉ざしてしまった自分。
そのしわ寄せが、今日の生活、そして就活に現れている。


自分は今まで、何をしてきたのだろうか。


 ■LED電球

6月に入ってから昼間の気温がみるみる上がり、いよいよ夏到来を思わせるような空気になってまいりました。
近畿地方では先週辺りで梅雨入り宣言したらしく、ジメジメとした嫌な気候もスタートしました。
皆さんはどうお過ごしでしょうか?

さて、この前ホームセンターに立ち寄ったついでに、LED電球を購入してきました。
こういう先進的なモノはどうしても弱い身でありまして・・・ 何故今まで購入しなかったというと、値段が高くなかなか手が出せなかった、ということです(当初はミドルレンジでも1個2000円位いってたはず・・・)
紹介する電球は980円と1000円を切っており、ついつい手が伸びてしまいました。

今回購入したのは、オリオン製のLED電球(400ルーメン・電球色)です。
最近はLED電球の技術がこなれてきたのか、各社がこぞってLED電球を出しているようです。
このクラスのLED電球では、すでに各社間での価格戦争が起きているのかもしれません。

DSCF1541.jpg

さっそく箱を開封し、LED電球を拝見。
発光部が内蔵されているプラスチックカバーに、LEDから出る熱を放熱するための金属部分の2パーツでなっています。
大きさとしては白熱電球とそれほど大差はなく、比較的コンパクトな印象を受けます。
このLED電球はいわゆる下方を照らすダウンライト方式の電球。全方向には光が広がらず、天井側にあまり光が回らないのが欠点です。

それでも消費電力の点では、白熱電球はもちろん蛍光灯型電球にも勝っており、点灯時の消費電力はわずか5.6ワットと非常に経済的な電球です。
また、長寿命であるのもLED電球の特徴であり、箱に書かれている数値では40000時間の使用に耐えうるようです。取替えの手間が少なくなるのもメリットでしょう。

DSCF1540.jpg

ところで、LED電球には決まって「ルーメン」という言葉を目にする事があります。
ルーメンとは全光束のことであり、明るさを表す単位として使用されています。
今までの電球ではワット数で大まかな明るさを決めた上で購入していましたが、これからは具体的な数値で明るさを決めることになるのでしょう。

ちなみにこのLED電球は400ルーメンであり、白熱電球にすると30ワット球のものに相当する数値です。
約5分の1の消費電力にもかかわらずこれだけの明るさを確保していることに、いかにLED電球が優れているかが伺えます。

DSCF1542.jpg

点灯時の様子(実際はもう少し暗いです)。
白熱電球のようにぼんやりとは光り輝かず、スパッといったような切れ味のある光りかたです。
光束が集中しているので、光り方にムラがあるのでしょう。
LED電球についてまだまだ分からない所もあるので、もうしばらくは試験投入となりそうです。

 | HOME | 

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。