USED NOTE

≫2012年09月

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■薄型CPUクーラーがんばる の巻

3770Tで運行してふと思ったこと(またそれかい)


そーいえば、2100T(or2120T)のリテールクーラーで3770T回すことできるんかいな?


そんなアホな事を思いつつ、早速実験開始してみました。

実験にいたった動機として、以前のTDP35Wの2120Tであの薄型リテールクーラーで行けたのなら、10Wしか違わないTDP45Wの3770Tでも回せるのではないか、というのが主な動機でした。

ちなみに3770Tはバルクでの販売に限られており、リテールクーラーは付属してきません。

たった10Wの差なので何とか吸収できるだろうという期待と同時に、ここは4コア8スレッド、フルロード時は落ちるかもしれないといった不安も入り混じっての実験です。

はたして結果は・・・?



スポンサーサイト

MORE »

 ■14.5インチ

久々に自動車ネタ。
車を洗車中、タイヤを磨いているとサイドウォールに気になる表記が・・・

DSCF1736.jpg

DO NOT MOUNT ON 14.5 INCH RIM

要は、「(このタイヤを)14.5インチのリムに嵌めないこと」です。


んん・・・?
14.5インチ?

タイヤ自体14インチなので、14.5インチには入らないから表記していると思ってしまえばおしまいですが、14.5インチ自体、なんとも中途半端なサイズです。

タイヤの通販サイトや乗用車用タイヤカタログを見ても、14インチの後に続くサイズは、15インチです。
しかし、わざわざ14.5インチに嵌めるなと書いている限り、確かにそのサイズは存在しているはずです。


ということで早速調べていくと・・・



ありました。

確かに14.5インチのタイヤは存在していました。
その一例がこれ。

http://www.bridgestone.co.jp/business/tire/van_lighttruck/650v/index.html

どちらかといえばこのタイヤは、ファミリーカー向けというよりもこういった小型トラック用の商用車向けのタイヤのようです。

それもかなり幅が広く、いかにも特殊なサイズな感じ・・・

さらに調べていくうちに、低床車型の小型トラックのリアタイヤ用に作られたものであることが判明しました。
床面を下げる分タイヤも小さくせざるを得ず、強度も下がります。その代わり幅を広げることで、耐荷重性を保っているということです。
そんなわけで、245/50R14.5のような、トレッド面から見たらほぼ正方形な形をしたタイヤも存在するということです。

その幅の広さゆえに、普通の乗用車に付けても間違いなくタイヤハウス(タイヤが収まる空間)からはみ出してしまうでしょう。
そもそも14.5インチのホイール自体一般的なものでなく、パーツショップにも一般的に流通してはいないと思われます。
特殊な用途に使われるものだからサイズも敢えて特殊なものを指定し、普通の乗用車への誤装着を防いでいるのかもしれません。


というわけで、確かに14.5インチのホイールは存在していました。
まあ14インチと14.5インチのタイヤをパッと見で見分けられることは至難の業ですし、なかなか見かけないサイズだとしても、こういった警告は決して無駄ではないのでしょう。

 ■二重反転ファン

だいぶ前の話題となりますが、先月あたりに2重反転ファンをオークションにて落札してきました。

DSCF1724.jpg

・4cm角ケースファン
・厚さ:55mm
・メーカー:山洋電機 型番:9CRA0412P5G05
・羽根の枚数:5枚/4枚
・電圧:12V 電流:1.0A
・回転数:不明/不明
・4ピンファンコネクタ *2
・ケーブル長:どちらも約75cm
・リブなし

2重反転ファンとは、ファンを2つくっつけたものであり、それぞれが反転するように羽が回転するものです。
普通のファンよりも風の直進性が上がり、ピンポイントな冷却に適しているということです。
オークションの説明欄にはどこで使用されていたか詳しく書かれていませんでしたが、大きさが4cm角であることから、実際に1Uラックサーバなど細長い筐体に搭載されていたものだろうと推測できます。

お互いの羽が反転することが最大の特徴ですが、他にもこんな特徴が。

DSCF1722.jpg

吸気側。
5枚の羽で構成されています。反時計方向に回転し、空気を吸込んでいきます。

DSCF1721.jpg

こちらは排気側。
吸気側と違い羽根が4枚で構成されています。羽根の形も異なっていることが分かると思います。
前後で枚数が違うのは、ファン同士の共鳴をおさえる目的なのでしょう。

ちなみに、メンテナンスも考慮されていて、真ん中から2つに分割することが出来るようです。
ただ、その場合は横に貼られているラベルを剥がす必要がありますが・・・


DSCF1723.jpg

ファンが2つペアなので、ケーブルも2倍に増えています。
見慣れない色のケーブルが使われていますが、それぞれ

灰→GND
橙→12V
紫→回転数用の信号線
白→PWM制御用

となっています。
コネクタと線の関係が組みかえられているわけでもなく、無加工で市販品のコネクタに挿入、動作させることが出来ました。

動作音ですが、ファンが2倍に増えているので当然のようにうるさいです。
回転数も高めなので、音が気になる方にはお勧めできません。
その代わり性能は必要十分なので、ラックサーバ持ってるよ、狭い筐体でもオーバークロックを楽しみたい!(いるのか!?)な方に向いているファンかもしれません。
まあ私はコレクションとして物珍しさについつい落札してしまいましたが・・・


さて、これが3つあるわけだが
何に使おう・・・

 ■初心に戻って

ツイッターでの騒動を発端に我が身に暗い話題がつづいてましたが、今回は明るい話題に切り替えていただきたいと思います。

正直な話、一度はこのブログを閉じてしまおうか、と悩んだものです。しかしなかなか踏ん張りが切れず、そのあたりが未練たらしいものであります。
果たしてその判断は正しい判断なのかと思い、どこからどう変わって言ったのか、懐かしみつつ過去の記事を振り返ってみようとしました。

詳細は続きから...

MORE »

 ■(無題)

「お前高校の時から性格変わったな?暗くない?」

高校時代のクラスのメンバーで行われた同窓会で、久しぶりに会った友達からこんなことを言われた。

たしかに高校の時から、性格は変わったな。その時はその程度にしか受け止めなかった。

ところが思い出話が進むたびに、あることを思い出した。

教師から「楽天的な性格で先行きが少し不安だな」と言われたこと。

楽天的。

今の自分と正反対の性格だった。

あの時は、失敗したり思い通りに行かなくても、「まあいいか、なんとかなるさ」と乗り越えてきた。

今は、それが出来ない。

余裕がなくなったからだ。

単位を取らなければならない、レポートを出さなければならない・・・

知らず知らずのうちに、自分を追いやっていた。

心が弱った私に決定打をたたきこまれたのが、今年の就職活動だった。

いわゆる祈られメールが届き続け、比較的いい感じに選考に残ることが出来ても、矢先に落とされる。

まるで自分が否定されているような気持ちだった。

それは、自分が全く無力なんだなという自信を無くす力へ働いた。

運よく内定はもらえたが、それまで保っていた自信は失ったままだった。

その貧弱な心は、いつしかブログでも、ツイッターでも、あらゆる場所ににじみ出ていった。

全体的に、負のオーラが漂っていた。

そして、ついにやってしまった。

相手への一方的な決め付け、そして卑下・・・

もうこのようなことはしないと心まで誓った約束を、私は破ってしまった。

その人にブロックされても、理解できないまま批判を続けてしまったが、その後次々とブロックされ始め、事の重大さに気が付く。

ようやく自分に非があることを悟り、同時に処理できないほどの後悔の気持ちにあふれた。

必死に謝ろうとしたが、すでに遅かった。

誰も聞く耳を持たず、自分の元へ帰ってくることも無かった。

同情をえようとしたがゆえに、相手に不幸を振りまき、更なる不幸が自分へ帰ってきたのだった。

誰も得しない。最悪だった。



楽天的と教師に言われるほどの性格だった昔の僕とは、程遠い姿だったに違いない。

ずっとこの気持ちでいけば、今頃の生活は、もう少し変わっていたのかもしれない。

しかし、大学=知的なイメージもあり、卒業前に楽天的な生活はやめようと思っていた。

それも、遊びの意味だけでなく、全てにおいて楽天的な性格を捨ててしまった。

こうして、心に余裕がなくなっていたのかもしれない。



今回の同窓会で、重大な事故につながらない些細なミスや挫折があっても受け流せることに非常に関心を持った。

それまでの僕ならそんなミスでもひどく落ち込んでいた。

そして気が付いた。

「心に余裕が無い。プライドが高い」と。



人間誰だってミスは起きる。

誰にでも知識不足はある。

そしてそれをフォローする人もいる。

過ぎてしまったものはいくら嘆いても仕方が無い。



人間誰しも完璧ではない。

そういった謙虚さも踏まえて、自分を許していこうと心に誓った。

「何とかなるさ」

 | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。