USED NOTE

 ■世代交代

長い間、我が家の生活を見守ってきたある2つの家電が、今週末にも引退を迎えることとなった。

1つは冷蔵庫。
僕が生まれて間もないころからこの冷蔵庫があり、実に18年近く動いていることとなる。
普通10年持っただけでもいい方であり、それゆえ18年も持ったことはある意味優秀な家電でもあった。

メーカーはシャープ製。
購入した当時は両開きドアという驚きのギミックを持っていた。
今ではごく当り前であるし、観音開き型の冷蔵庫もあるくらいである。

使い込んで塗装が少し剥がれた、メーカープレート?みたいなのが剥がれた以外はほとんど原形をとどめている。
18年という老体にもかかわらずちゃんと冷えてくれるし、これといったトラブルも特になかった。
外部へのリンクになりますが、こんなこともやっていました。

しかし、この冷蔵庫にはある短所があった。
それは電気代である。

今ではインバータで省エネタイプが主流ですが、18年前はというとそういうのは出回っていなかったんですよね。
我が家にある家電の中では電気大食いタイプです。

こういう短所がある所以か、時代の波にさらわれるような感じでついに買い替えが決まったのである。
まだ使えるとはいえ、非常に寂しい限りである。
しかし、時代の背景をみれば、仕方がないことであろう。


もう一つは自分の部屋のテレビである。
こちらは2001年製と、先ほどの冷蔵庫よりかは若い家電である。(それでも9年近く使ってるけど)

メーカーは日立。
こちらも目立った故障個所は無い。
あったとしてもリモコンの印字プレートが剥がれたくらいだろうか。

さて、このテレビはいわゆるブラウン管のテレビである。
画面比は4:3とブラウン管ではありきたりなサイズ。

つまり、地デジには対応していないのである。

一時はチューナーを導入し引き続き使用する案も出ていた。
が、相手はブラウン管。液晶テレビと比べれば電気を良く食うのである。
当然電気代はかさむばかりだ。

そういう点から、ブラウン管のテレビを引き取り、新たに液晶テレビを置く形となったのである。
このままずっと一緒に暮らしていけるだろうと思ったテレビとは、ついにお別れとなった。
来週からは液晶テレビでの地デジライフが始まるのである。


いずれの家電も、故障もなくまだまだ使える状態だった。
しかし、時代の背景然り、世間は厳しいものである。
「老兵は去るのみ」のごとく、この2つの家電が駆逐される形となった。

もっともネックだったのは、「エコ替えエコ替え」という風潮ではなく、電気代の方であった。
「電力を大量に消費してでも最高のパフォーマンスを絞り出す」というスタイルは
世間ではもはや時代遅れのものとなってしまった。(全てがそうとは限らないとけど。自作PCとか。)


自分は、まだ使える物をみるとずっと取っておく癖がある。
たとえそれが古いものであっても。
いわゆるドケチ精神壊れていない物が捨てにくいタイプである。
(それのせいで部屋ちらかったりするが)

自分から見れば、まだ使えるのに捨ててしまう、のはもったいないと思った。
でも、捨てられる家電からすれば、18年、そして9年も使ってくれたことはとてもうれしい限りだったのだろう。


ありがとう。我が家の冷蔵庫、僕のテレビ。
そして、さようなら。キミのことは忘れない。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/132-cf94493c

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法