USED NOTE

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■タイヤ交換【前輪】

自転車のタイヤがボロボロになり、そろそろヤバくなってきたので交換してみようとした。
溝はあるものの、亀裂が入ったりウェット性能は落ちてたりしていろいろ危険だと判断したのである。

ということで、とっつきやすい前輪から交換を始めてみました。
ちなみに前輪を交換したのは昨日の話なので、ちょっと鮮度が落ちちゃってるネタです。
今日書く後輪のやつもあるのでまとめて掲載。

<<いずれの画像もクリックで拡大出来ます>>

P1000112.jpg
今回、タイヤ交換対象となった僕の自転車です。
とはいっても家にあるのはこの自転車しかないんですけどねぇ。

P1000113.jpg
溝があってまだ使えそうな気がしますが、実際はかなり亀裂が走ってます。

実は前輪タイヤは前にも交換したのですが、あの時は新しいタイヤが無く、仕方が無く
この古いタイヤを履いて危険を承知の上、だましだまし使っていました。
ただ、古タイヤですからゴムがちょっとカチカチになっており、ボロボロだったので
なるべく早いこと交換したい気持ちでいっぱいでした。

P1000114.jpg
前輪を取り外したところ。

P1000115.jpg
タイヤレバーを入れタイヤを外します。
中のチューブを傷つけぬよう気を付けます。
個人的には傷つきにくいプラスチックのレバーが便利です。

写真は2本入れた状態ですが、きつければそのまま3本目を指し込みます。
大体は3本目でそのままスーッとタイヤが外れていきます。

P1000116.jpg
タイヤが完全に外れました。
チューブは再利用します。

P1000117.jpg
左が古い方で、右が新しい方のタイヤとなります。
ちなみに新しいタイヤはブリジストン製の「Newマイティロード」というシロモノです。
高級自転車、電動自転車に使われるやや上位クラスのタイヤです。
見た感じウエット性能がよさそうですし、溝がかっこよかったからです(ぁ

P1000118.jpg
組み付けるときに注意することは、チューブを折れ曲げて入れたり、ねじったりしないことでしょう。
チューブが伸びてしまい、パンクの原因にもなります。
あらかじめほんの少しだけ空気を入れて作業した方がこのような失敗は少なくなると思います。

また、このタイヤの特有の注意点として回転方向の指定があります。
前の画像を見ていただくと分かりますが、古いタイヤは点対象なのに対し新しいタイヤは回転方向の指定があって線対象となっています。
これからこの手のタイヤを取り付けたいという方は左右の向きをよく確認して取り付けましょう。
間違えて組んじゃうとカッコ悪く見えちゃいます(笑)

P1000119.jpg
タイヤレバーを使い、チューブを傷つけぬようはめ込み。
そして組み付け完了。
タイヤがいびつになってないか、両手の親指でタイヤを押して確かめます。
無ければ前輪一式を取りつけます。

P1000120.jpg
P1000121.jpg
作業完了。
新しいものは気持ちがいいです。

レビューなどについては【後輪】編にて。
続く

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/180-85a58094

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。