USED NOTE

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■轟音ファン+α

轟音ファン。

それはその名のとおり動作音が非常に大きいケースファン。



一般的にそれは性能が良いファンといわれる。
しかし、それを引き換えとして快適さを犠牲にしなければならない。
静音化か、性能重視かのジレンマが襲う。

4000rpm、5000rpm、6000rpm・・・
38mm厚、二重反転ファン、高電流・・・

スペックはエスカレートし、時にバケモノになって耳に襲い掛かる轟音ファン。

快適さを求めるのなら、誰もが避ける道であろう。



しかし、自分はその轟音ファンを手に入れてしまった。

圧倒的な風量に惹かれてしまい・・・
その分厚さ・・・
重さ・・・
特異な存在だったから・・・
誰も持たないであろうファンを持つという優越感の為だけに・・・




DSCF0317.jpg



ULTRA KAZE 3000rpmバージョンを!

※今回は会話形式の内容が含まれています。
※苦手な方は「jump」をクリックして読み飛ばしてください



はとろじー「はい、どうもーはとろじーです」

キリ「私キリ、よろしくね。管理人はケースファンみたいに頭くるくるぱーだね」

は「こらこら・・・」




そんなわけで、毎分3000回転という物騒なファンを手に入れたのである。
このサイズで高回転系のファンは、例外なくうるさい
それにもかかわらず買ってしまったのである。


キリ「あれれ、そういえば以前の記事でうるさいのは嫌だって金網を外したって言ってたよね?
   前回で懲りたはずなのにどうしてまたうるさそうなファン買っちゃったの?学習能力n(殴」

いいところ気が付いたね(一言余計だけど)。


確かに、無駄にうるさいのは僕だって嫌である。
しかし、前回のうるささは、耳に付くようなうるささである。

ほら、黒板を引っかいたときに嫌ーな音が出るよね?
あれと同じで、金網のはちょうどその不快な周波数が出てしまったんだ。

いわゆる僕にとっては許せないうるささだったんだ。

でも、こいつは違う。
大概は風切り音だったり駆動時の低周波のノイズだったりするんだ。
つまり不快な周波数は出ていない、許せるうるささなのである。

あと、このサイズの上でうるさいのに対して風量稼げないのも嫌い。
うるさいけど風量もそれなり稼げるならおk。
つまり意味のあるうるささも許容範囲外。




さて、対話はそろそろ終わりにして製品レビューと行きますか。
おまたせしました。



DSCF0313.jpg
全体。

SCYTHE ULTRA KAZE 120cm

スペック:
電流/電圧:12V/0.60A
風量:約133CFM
音の大きさ:約46dB
回転数:3000rpm

サイズ:12cm×12cm×38mm
3ピンコネクターリブなし。

およそ1400円で購入。


DSCF0314.jpg
かなり厚みがあります。


DSCF0316.jpg
右の既存のファン(厚さ25mm)と比べてもこのとおり。


重さは、結構ずっしりとしています。
大電流に対応できるようモーター部が大きく重くなっているのでしょう。


さて、気になる動作音は・・・


想像してたとおり、すさまじい音。
しかし、大満足の風量。

これをつけると、ケース内の空気が一気にかき混ぜられてるような気がします。
でも温度は・・・大して変わってない・・・? あれれー?

CPUクーラーに付けたら劇的に下がりそうだけど、排気目的ならまあこんなもんかな?


これにて今回のレビューは終わりです。
まあこれで夏場の高温時にも安心できるようになりましたし、どうしても我慢できなければ
ファンコンをつけて減速させるのも手かもしれません。

最後に動作音の動画をうp。



購入を検討している方はぜひご参考に。




追記:

この前ファンを点検したとき、フレームの内側に潤滑油らしき液体がこびりついていました。

DSCF0321.jpg
ブレブレですみません;(画像中央より少し上のほうに油の点々が・・・)

おそらく高回転による遠心力で余分となった油が吹き飛ばされたものだと推測できますが・・・
もしそうじゃなかったら寿命に大きく影響しそうな気がします。

もしかしたらこれが高速ファンの宿命なのかもしれません・・・




2010/12/20
さらに追加情報:

7Vで稼動させると結構いい感じに動いてくれることが判明しました。
風量があり、かつそこそこ静かになり満足な結果となりました。
(5V駆動も試してみましたが、動くもののこのファンでは軸からの音がうるさかったのでやめました)

ただ、7V化は配線を組み替える必要があり、むき出しのままではケースに当たるなどしてショートし
最悪、電源が壊れるリスクを伴う可能性があります。
実行は自己責任でお願いします。

このままつなぎ変えただけではいずれ接触してショートしたり、電源に負担が
かかって寿命が縮まりそうなので、近日簡易ファンコンを自作してみたいと思っています。
フル回転⇔7V稼動⇔オフ にしてみたいと思っています。


↓以下コメント返し

進藤リヴァイアさん>
コメントありがとうございます。
金網はもう少し高いのにしようかなと思っていましたが、加工の容易さを求め
100均の金網にとどめたのが救いでした。
まあ金網自体大して高くはないのですが・・・(
問題はゴミになってしまった金網の処理なんですよね・・・
スポンサーサイト

Comment

[125] KA★ZE

動作音の比較動画、と、厚みに思わずフいた。
そして商品名・・・。どうして日本語混ぜたwww

ウォオオオオオオオオオオオオオオオオン!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/205-340d56fe

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。