USED NOTE

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■ケースファンまとめ

こんにちは。

今日は今の手持ちのケースファンの紹介をしていきたいと思います。
12cm角のファンが中心です。


DSCF0326.jpg
DSCF0327.jpg
DSCF0336.jpg
・12cmケースファン(12x12x25mm)
・サイズ製 型番不明。
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:不明
・回転数:800rpmぐらい
・ペリフェラル4ピンによる給電

新しくケースを買ったときに標準で付いていたファンです。
回転数はケースが入っていたダンボールに書かれていたものを参考にしました。
何の変哲も無く、800rpmなので音は静か。
ただ、動作時にこのファンに耳を済ませると「チチチチ・・・」といった軸音が鳴っていました。
環境によっては気になる音だと思いますが、ケースの奥に配置されているのでまあ気にすることは無いでしょう。
あと、このファンの排気側の中央にあるメーカー名が書かれているラベルが何故か二重に貼られていました。
写真ははがした後ですが・・・一体何のため?
バランス取りなら吸気側でやるかもしれませんが・・・


DSCF0328.jpg
DSCF0329.jpg
DSCF0334.jpg
・12cmケースファン(12x12x25mm)
・サイズ製 型番不明。
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:不明
・回転数:800rpmぐらい
・青色LEDにより発光
・ペリフェラル4ピンによる給電

こちらも新しいケースに標準で付いてきたケースファンです。
スペック的には先ほど紹介したファンとほぼ変わりありません。
強いて言えば青く発光するぐらいでしょうか。
しかし、先ほどのと比べるとこちらのファンのほうが若干回転数が少ないような・・・?
ちなみにLED球は取り外すことが出来ます(あまり意味無いけどね)。


DSCF0330.jpg
DSCF0331.jpg
DSCF0337.jpg
・7cm角ケースファン(7x7x?mm)(厚さ測り忘れました)
・デルタ電子製 型番:AFB0712VHB
・ブレードの枚数:9枚
・電圧:12V 電流:0.55A
・回転数:1200~6000?rpmぐらい
・PWM制御
・マザーボード4ピン端子による給電

AMDのリテールクーラーに乗っかっていた7cm角のファン。
いわずと知れたデルタ電子製で、轟音ファンとして有名です。
が、轟音となるのは高温時での話。低音時はわりと静かでした。
・・・それでもリテールではあっという間に高温になってしまうのでCPUに負担かかるようなことすると
すぐにうるさくなる大人気ないファンです(汗
小型で高回転なので、高周波の音が目立ちます。
ファンのモータ部(コネクターが伸びてるところ)からちょぼっと出てる基盤があり、そこで
温度制御を行われるものだと思います。PWMでも制御されますが、PWMなしではフル回転になり先ほどの
はみ出ている基盤のもので制御されると思われます。
うるさいながらもちょっと非力であり、早々離脱したファンでもあります(^^;

DSCF0325.jpg
DSCF0324.jpg
DSCF0335.jpg
・12cmケースファン(12x12x25mm)
・ENERMAX製 型番:UCMA12
・ブレードの枚数:9枚
・電圧:12V 電流:0.40A
・回転数:1500rpm
・ファンブレードを取り外して掃除可能
・特殊形状の羽
・3ピンによる給電

自分が初めて買ったケースファン。
購入理由は赤いブレードであることの理由(^^;
黒に赤のアクセントを取り入れるようケースのフロントファン用に購入しました。
(後々メッシュでさほど目立たなくなってしまう事態が発生しましたが・・・)
動作音は「ぶーん」と換気扇が回っているような音で、音はさほど大きくありませんでした。
しかし超静音と謳っている割には800rpmの標準装備のファンよりも音が大きいと感じました。
それでもブレードの特殊型式により生み出される風量は確かなもので、満足しています。
現在はファンコンをかまして回転数を落として使用しています。
掃除がやりやすいよう、ファンブレードが取り外せれるのも魅力のうちです。


DSCF0322.jpg
DSCF0323.jpg
DSCF0333.jpg
・12cmケースファン(12x12x38mm)
・サイズ製 型番:DFS123812H-3000
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:0.66A
・回転数:3000rpm
・高速静圧タイプ
・3ピンによる給電

こちらも自分で新たに購入したファンです。
ちょっとネタ色多めの購入でした(ぇ
12cmで3000回転というとんでもないケースファン。
モーター部も他のファンと比べて大きく重量もずっしりとしています。
厚みが38mmもあるので、他のパーツとの干渉に要注意です。
いわゆる轟音ファンの一種であり、今のところ電流、騒音レベル、風量、厚みともに
歴代ケースファンNo.1を誇っています。
結構な電流が流れるので、給電はできれば(変換コネクタを使って)ペリフェラル4ピンから行いましょう。

フル回転時はこれでもか!と言わんばかりの風量と動作音で、何もかもが豪快なファンです。
しかし最近は7V駆動でそこそこの風量と動作音がおとなしくなることを発見しました。
近々簡易ファンコンを自作してこのファンを制御する予定です。
なお、回転中のファンに指突っ込むとざっくりとやられてしまいますので、フィンガード推奨です(^^;



以上、手持ちのファンをまとめてみました。
またファンが手に入ったらレビューしていきたいと思っています。

ありがとうございました!
DSCF0332.jpg


↓以下コメント返し

進藤リヴァイアさん>
それはもうびゅんびゅんですよ!うるささに我慢できる人専用!
風量、音の大きさも伊達じゃないです。
・・・しかし、世の中にはもっと上がいたりするんです・・・。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/206-3a38f169

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。