USED NOTE

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■あれから値段はどれだけ下がったのか

後編に入る前に・・・ちょっと番外編。

自作パソコン1号機(黒くてでっかくて地味なPC)が出来上がってからまもなく1年を迎えようとしています。
時が経つのは早いです。それと同じく、電子部品の技術の進歩もめまぐるしいものです。
技術の進歩が早い分型落ちになるペースも早く、価格も下がって行くものです。

そこで、1号機が出来上がった当時と現在とのパーツの値段の変化を調べてみました。
あれからどれほど値段に変化が出たのでしょう。


マザーボード:A88GMX(FOXCONN)
\7,680 → \8,970
あれ?逆に高騰してしまいました。と思いきや1ヶ月前には\4,970で売られてたそうです。
その時点での差額は\2,710

PCケース:CASE by CASE2 SCBC02-BK(サイズ)
\8,000 → \6,970
差額は\1,030

光学ドライブ:LG電子のもの
\3,480 → \2,340
差額は\1,140

ハードディスク:HGST 500GB
\3,500 → \3,239
HDDの技術が上がり値段も下がるだろうと思いきや、予想に反して小幅な値下がりでした。
その差額は\261

CPU:PhenomⅡx4 955(3.2GHz)[95W]
\12,970 → \9,480
次世代のアーキテクチャを搭載したCPUが発表されてから、順調な値下がりを続けています。
差額は\3,490

メインメモリ:DDR3 4GBx2
\9,800 → \3,140
これらで構成されたパーツの中で、一番値下がりが激しかったのがメインメモリでした。当時の私から見れば、6000円以上も値下がりするとはにわかには信じられなかったでしょう。
差額は\6660

グラフィックボード:RADEON HD5450
\4,770 → \2,899
元が下位のグレードだったため、妥当な値下がり方だと思います。
差額は\1,871

CPUクーラー:Samuel 17
\3,780 → \3,207
差額は\573

OS:Windows7 Professional(64bit)DSP版
\16,777 → ¥ 12,800
Windows8が発表されてから、値下がりを始めています。
差額は\3,977

以上を見てみると、やはり半導体関係のパーツについては大幅な値下げが発生しています。
一方で半導体に関係ないパーツにおいては、いずれも小幅な値下げとなっています。
また、新しい技術が誕生するたびに値下げが加速している気もします。
加えて、円高が進行したことによる影響も出ているものと思われます。

さて、これらの差額を合計すると、全体で\21,712 値下がったということになります。
当時パソコンを組み立てた時の最終的な値段は\70,757・・・

つまり、今全く同じ構成で組み立てるのなら、\49,045 で組みあがることになります。

結構お得感あると思いますが、これらの構成はすでに1年前の物。
1年もすれば、あっという間に古臭く感じてきます。
現在の技術との性能面を考慮すれば、妥当な値下がり方かもしれません。

※OS除いて、価格.comに記載されている最安値から計算しています。
※OSのみAmazonからの値段を抽出しています。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/287-a055a068

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。