USED NOTE

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■SSDを試す

【2012/1/18追記】
現在、当記事で扱っているCrucial M4において5000時間を超えると認識しなくなる不具合が確認されています。

(1/18追記)詳細はこちらから。
Crucial M4 5184時間問題
(1/20追記)こちらに作業の様子を上げました。
Crucial m4のファームウェアを更新する


ついに、SSDに手を出してしまいました。
驚異的なスピードを体験したいのならいっそのこと・・・と言うことで、Crucial m4 CT064M4SSD2を購入してみました。

DSCF0857.jpg

SSDとは、Solid-State Driveの頭文字をとった略語であり、磁気で記録するHDDとは違って大容量のフラッシュメモリーにデータを電気的に記憶する方式を取っています。
電気的に直接フラッシュメモリに書き込まれるので、ヘッドの物理的な動きによって記録されるHDDのシークタイム(ヘッドが動く時にかかった時間)のロスが見られません。
光の速度と同じような速さを持つ電気信号でアクセスされるので、415MBというような従来では考えられないようなスピードを実現しています。

SSDにするメリットとしては、先ほど言った通りHDDと比べて起動(アクセス速)が速くなる、衝撃に強い、省電力で低発熱という点が上げられます。
デメリットを挙げるのなら、容量の割に高価、と言ったところでしょうか(今回のは8,500円で購入)。
以前までプチフリや寿命の問題で騒がれていましたが、それも改善され今はメリットのほうが大きくなってるような気がします。
それでも、容量に対する値段の高さが一番のネックであると思われ、購入を踏みとどめさせられる要因にもなっています。

以前より低価格になったとはいえ、HDDと比べればまだまだなところかもしれません。
しかし、容量のやりくりさえこなせば、例えばSSDはシステムドライブ用にするといった具合で起動の速さをSSDで、容量をHDDでカバーするといった術もなしえるでしょう。

早速箱を開封してみます。

DSCF0858.jpg

中から出てきたのは、HDDに見られたようなところ狭しに緩衝材が入っていることは無く、こういう風にがっちり支えるだけの質素なブリスターにはめ込まれているだけのものでした。
衝撃に強いだけあって、こういう物でも問題ないと判断したのでしょう。

DSCF0859.jpg

本体を取り出してみました。
ラベルが1枚貼られているだけであり、非常にフラットな外観です。
上面、側面に取り付け用のネジ穴が空けられていました。

DSCF0860.jpg
(※シリアルナンバーは加工済み)

裏面。
こちら側も同じく、シリアルナンバーなどが記載されていたシールが1枚貼られているだけで、フラットな外観です。HDDにあるような基板を確認することができません。
四隅にネジが確認できますが、HDDで使われている特殊ネジではなく、一般的に使われているプラスネジでした。
確かにSSDの性質上空気中のゴミを気にすることはありませんが、簡単に開けられてしまってはまずいのでは?

SSDのカバーは放熱のためかアルミで出来ていました。
またHDDと比べて重量が軽く、本当にこれで大丈夫なのか?と思ってしまうほどです。
なおサイズは2.5インチであり、取り付けるにはノートパソコンを除いて別途3.5インチのマウンタを購入する必要があります。

気になるスピード計測ですが、あいにくシステムファイルを移転するような準備ができていません・・・。
と言うものの、執筆時点ではある程度進めさせていますが、これが非常に面倒くさい。
やはり、大容量のHDDに慣れてしまったせいで容量についてあまり気にしていなかったという、思わぬ弊害かもしれません。

もちろん、不要なファイルを削除したり、別のドライブに移すまでですが、これの判断がどれも微妙なものばかり。まるでパズルのようです。
SDD移行は無事に終わらせることが出来るのでしょうか?

続く・・・
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/302-551ea80c

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。