USED NOTE

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■SSDを試す ベンチマーク偏 +α

【2012/1/18追記】
現在、当記事で扱っているCrucial M4において5000時間を超えると認識しなくなる不具合が確認されています。

(1/18追記)詳細はこちらから。
Crucial M4 5184時間問題
(1/20追記)こちらに作業の様子を上げました。
Crucial m4のファームウェアを更新する


ということで、SSDのベンチマークを行ってみました。
今回ベンチマークに使用したソフトは「CrystalDiskMark(3.0.1)」です。
それぞれテスト回数を5回、500MBに設定したものです。

SSDMark.png

私の環境ではSATA2(3Gb/s)接続なので、リード性能では公称値である415MB/sには届きませんでした。
それでも226MB/sを記録しており、速さを十分感じられるようなレベルです。
ライト性能は、公称値である95MB/sよりも上回る109MB/sを記録しました。
他の性能も、よさげな感じです。

HDDMark.png

比較として、以前まで使ってたHDDのベンチマークも行ってみました。
ちなみにこのHDDは、500GBの1プラッター、7200回転仕様であり、高速に読み込むことができると聞き購入したものです。そのせいか、リード性能は128MB/sとそこそこの性能を持っています。
ライト性能は129MB/sと、SSDを上回っています。SSDが最下位モデルなので若干劣ってしまうのも仕方が無いと思いますが・・・。

これら2つの記録を見ると、リード性能に大きな差が生まれており、さらにランダムリード/ライトではSSDが大きく引き離していることが分かります。
HDDは構造上シーク(磁気ヘッドの移動)タイムのロスが多いのに対し、SSDは性質上ほぼ並列に読み込めることができるので大差を付けられているのだと思います。

そのほかも4Kのリード/ライト性能もSSDが勝っており、全体的にリード/ライト性能の向上が認められたと言えます。
そのおかげか、Windowsのエクスペリエンスインデックスの、プライマリハードディスクの数値に変化が。

Ex.png

以前まで5.9だったのが・・・

ExSSD.png

7.1へ向上したようです。
もしSATA3(6Gb/s)接続なら、最高値である7.9を狙うのも難しくないと思われます。
満足の得られる結果が出て、非常に安心しています。


あと、ひそかにBlenderにも手を出してみました。

blender.png

3DCGにちょっとした興味がわき、当該ソフトを落として試しに動かしてみているところです。
まだ本格的にやろうとするのかは決まってないのですが・・・
もしかしたらこのままブログのネタにしていくのかもしれません・・・。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/304-71390748

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (205)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。