USED NOTE

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■XFAN RDL1225S (12LN)

DSCF0988.jpg

DSCF0989.jpg

<仕様>
・大きさ:120mm(12cm)角
・高さ:25mm
・製造元:XINRUILIAN 型番:RDL1225S (12LN)
・ブレードの枚数:7枚
・電圧:12V 電流:0.18A
・回転数:1200RPM
・接続方法:3ピンコネクタ
・ケーブル長:約46cm
・リブあり

ある物珍しさから、このファンを購入してみました。
XINRUILIANのファンに手を出したのはこれが2例目です。

先に動作音について話すと、1200rpmと静音モデルだけあって静かです。
風量はその分犠牲になってるのでしょうか、やや弱々しい印象でした。

外見について、特に変わった印象を持つ箇所は無く、現在の12cmファンにありきたりな形状をしています。
それにしてもXINRUILIANはファンケーブルを縒るのが大好きですねぇ。ケーブルがばらけないという利点はあるのですが。


さてこのファン、眺めていて違和感を感じた人はなかなか鋭い目をお持ちであると思います。
平凡なファンといえど、ある最大の特徴を持っているファンなのです。





分かりましたでしょうか?






ヒント

DSCF0990.jpg

この2つのファンをよく見比べてみましょう。
(左が今回購入したファンです)







答えは・・・





羽根のつき方が逆になってる事です。


つまりこのファンは、「動かした時に普通のファンと逆回転するファン」という事です。

ちなみにこの逆回転するファンは12cm角のファンにしか設定されていないらしく、まず逆回転するファン自体が珍しい物となっています。今あるファンも、一般的に出回っているファンもほとんどが正回転であろうかと思います。

しかし、疑問も残ります。逆回転させるメリットは何か、何故逆回転のファンが出回らないのか、という事です。
風を起こして空気を移動させるだけなら、(羽根を逆に付けた上で)逆回転でも支障は無いようにも思えますし、逆回転時のファンモーターの制御もそれほど難しくないように思えます。
正・逆回転で性能の差が出ないのなら、いっそのこと回転方向も統一させた方がよろしい、という関係なのでしょうか。

さて、逆回転であること以外はごく平凡であり、既にケースファンを持ってる方にとってもなかなか購入に踏みとどまらなさそうなファンです。
しかし今回あえて購入したのは、逆回転であるもの珍しさの他に、「ある実験」をしてみたい、と言う気持ちがあったからです。
その「ある実験」とは・・・次回の記事で詳しく話したいと思います。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/322-2ec5d625

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。