USED NOTE

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■透明の蛍光灯

こんにちは。
相変わらずスローな更新となり申し訳ございません。
今朝方に大きな地震があり心配している方もいらっしゃると思いますが、この通り無事で過ごしています。

さて、皆さんは蛍光灯と聞いてどんなものをイメージするでしょうか。

「丸い物と長い棒の物の2つの形がある」
「白いガラスのもの」

・・・などなど、色々なイメージが涌いてくると思います。
大方のイメージでは、蛍光灯は白くて、ガラスの管でできているというイメージでしょう。

では、こちらの写真を一つ。

IMG_0638.jpg

長い管の蛍光灯に見られる両端の足(電極)が見られますが、なんとガラス部分が通常の白色ではなく透明となっています。


IMG_0635.jpg

この蛍光灯の正体は、大きな厨房、クリーンルーム等衛生面にかかわる場所で使用される「殺菌灯」と呼ばれる特殊用途向けの蛍光灯です。

蛍光灯は、管の中で放電を起こして紫外線を発生させ、管の内面に塗られた発光体の白い膜に紫外線が当たることで白く輝く仕組みとなっています。
この殺菌灯では本来内面に塗られている発光体を省略し、純粋な紫外線を放出することで殺菌効果を生み出すというわけです。

紫外線は細胞を破壊するので、雑菌などの細胞を破壊することで菌の活動を抑えることができます。
一方で同じ細胞を破壊する働きかけが人体にも及ぶので、悪影響が出ないよう何らかの対策を取る必要があります。

この殺菌等の場合、特に強い紫外線を放出するので短時間の直視や皮膚をかざしたりするだけでも炎症を起こしたりするので、基本的に点灯した状態で人目に付く所に置くような蛍光灯ではないと言えます。
最悪、失明や皮膚ガンなど何らかの疾患を伴う可能性があるので、取り扱いには注意が必要です。


IMG_0636.jpg

なお、効率よく紫外線を取り出すために透過率の高い石英ガラスが使われています。
写真中央より右に銀色の粒が確認できますが、点灯のために必要になる粒のようです。新品の蛍光灯を振ると「カラカラ」といった音がするのですが、その音の正体がこの粒ということになります。
(ちなみにこの蛍光灯では引っ付いているようで動き回ったりはしませんでした)

水銀系の粒と思われるのですが、詳しく調べていないのでよくわかりません・・・。

IMG_0637.jpg

石英ガラスである、透明である以外はごく普通の蛍光灯と構造の違いは見られません。
透明なので、電極部分の構造がよく分かります。

IMG_0640.jpg
横向きですみません・・・

テスト点灯の様子。
手持ちに殺菌灯専用の機器がなかったので、連続点灯3分以内という条件でテストを行いました。
本来は、このような使い方をしてはいけません。紫外線でプラスチックがどんどん劣化していき、短時間で故障する原因になります。

点灯すると、ぼうっと青く光りだします。
色的に青色ですが、同時に大量の紫外線も放出しています。絶対に紫外線を目から防護するメガネ無しで直視するのはやめましょう。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hatoloblog.blog54.fc2.com/tb.php/384-ba2cd5e8

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。