USED NOTE

≫パソコン

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■ASUS GEFORCE GTX660Ti 【前編】

だいぶ新年の挨拶が遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
いつも当ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
社会人としての仕事が本格的に始まる今年、ブログの更新ペースは下がってしまいましたが、どうぞよろしくお願いします。

というわけで、2013年最初の一発目は、PCパーツからいってみましょう。

IMG_0369.jpg

今回は3DCGの絵画能力を高めたい目的で、「ASUS GEFORCE GTX 660 Ti(GTX660 TI-DC20-2GD5)」を購入しました。
ちょうど欲しかったビデオカードが新春正月セールの割引対象で安くなっていたので、このチャンスを生かして購入してみました。

GTX 6XX とあるように、「Kepler」アーキテクチャを採用した最新世代のコアが搭載されている系列となります。
その中の一つ、GTX 660Tiと、GTX660よりももう少し処理能力が上がったモデルを紹介してみます。

単純に見た処理能力の格付けでは、GTX670>GTX660Ti>GTX660 といった具合であり、この「Ti」モデルは670と660の中間を埋める存在でもあります。
しかし、660Tiでは670と同じ「GK104」コアの一部機能が削除されているコアが採用されており、値段を抑えつつも670に迫る能力を発揮することが出来るコストパフォーマンスのよいビデオカードとなっております。

また、今アーキテクチャから28nmプロセスにシュリンクされており、大幅な省電力化と低発熱化が期待されています。
DirectX11にも対応しているの事で、将来の3DCGゲーム導入に対する不安要素も今のところは無いでしょう。

さらに、今回購入したビデオカードはいわゆるオーバークロックモデルであり、定格モデルのブースト時のコアクロック980MHzが、1058MHzに引き上げられているのも特徴です(通常時のクロックは定格モデルの915MHzから967MHzに引き上げ)。
いわゆる欲張りモデルな存在であり、値段を抑えたいが、パワーの余裕も欲しいといったライトゲーマーにお勧めかもしれません。

ちなみにメーカーの候補としてもう少し安いMSIも上がっていたのですが、マザーボードがASUSでメーカーをそろえてみたかったのであえてASUSを選択しました。赤いラインが3本とかっこよかったのも購入の決め手でした。
(でも、赤いとどうしてもRADEONを連想してしまいますが・・・)

開封の様子、その他詳細は続きから...

MORE »

 ■24インチモニターを買ってみた

大きな画面で動画を見たい、ならびにイラストの作業効率を少しでも上げたくなったので、新たに24インチの液晶モニターを導入してみました。
購入する直前24インチか27インチかで迷っていましたが、近所の電気屋でテレビのサイズを参考にしたとき、24インチでも必要十分だと思い24インチに決めました。

今回購入した液晶モニターは、acerの「G245HL」です。
24インチモデルですが、フルHDでHDMI入力付き、LEDバックライトが採用されているにもかかわらず1万5000円台で購入することが出来ました。
パソコン本体だけでなく、モニターも安くなったものです。

ちなみに、このモニターは液晶画面の表面がグレア加工されています。
画面がきれいに見える反面映り込みが激しいのが欠点のグレア仕様ですが、モニターに対する窓はいつも遮光カーテンを閉めている状態なので、映り込みはあまり起きないだろうと思ってグレア仕様としました。


DSCF1835.jpg

そして注文した液晶モニターがついに届きました!
箱でけええええ!


早速中身を取り出します。
モニターを落とさないように慎重に・・・


DSCF1836.jpg

ん?


DSCF1837.jpg

そして液晶画面とのご対面です。
さすがグレア加工されているだけあって、驚きのツルツルさです。

写真には写っていませんが、付属品としてD-Subケーブル、DVIケーブル、オーディオ用ケーブル、電源ケーブル、台座がそれぞれ1つ同梱されていました。
取り出した台座を液晶から伸びるアーム先端に取り付けて、机に置きます。


DSCF1838.jpg

今まで使ってきた19インチのテレビ兼モニターと横に並べて比べてみました。
お、大きい・・・

あ、左のモニタの上辺に張られている細い紙みたいなものは無視してください・・・(笑)


DSCF1839.jpg

モニターの設定画面の呼び出し、および操作はこの5つのボタンで行います。
OSD(ダイアログみたいな小さい窓)の画面によって各ボタンの機能が割り当てられるので、ボタン側に「+、-」といった印刷は見られません。
最初は少し戸惑いましたが・・・

DSCF1840.jpg

台座も、従来ののっぺりとした楕円形から、無駄のないスッキリとまとまったX字型の台座になりました。
面積が減ったので、机上の作業スペースも気持ち広がりました。

使用感としては、フルHDとなったことにより解像度が上がって、画面が広がってもきれいに見えるという点でしょう。
また、バックライトがデフォルト設定でもかなり明るく感じられることでしょうか。ECOモードの明るさが丁度いいようにも感じられます。

外観の感じでは、モニターの枠が19インチの時よりもだいぶ細くなったことにより、24インチと画面が拡大しているにもかかわらず非常にスッキリとした印象を受けます。
この24インチモニターにしてから改めて19インチモニターを見てみると、画面の小ささと枠の太さに驚くばかりです。
もう前のモニターには戻せないくらいです。

他に液晶の応答速度が5msとスペックにありますが、私自身パソコンでゲームはあまりしないので、これがどういった恩恵を受け取るのかがいまいち分からないのが歯がゆいところです。
あ、でも動きの激しいスポーツ系の動画だと分かるかも?いずれにせよ期待できそうな数値かもしれません。

 ■薄型CPUクーラーがんばる の巻

3770Tで運行してふと思ったこと(またそれかい)


そーいえば、2100T(or2120T)のリテールクーラーで3770T回すことできるんかいな?


そんなアホな事を思いつつ、早速実験開始してみました。

実験にいたった動機として、以前のTDP35Wの2120Tであの薄型リテールクーラーで行けたのなら、10Wしか違わないTDP45Wの3770Tでも回せるのではないか、というのが主な動機でした。

ちなみに3770Tはバルクでの販売に限られており、リテールクーラーは付属してきません。

たった10Wの差なので何とか吸収できるだろうという期待と同時に、ここは4コア8スレッド、フルロード時は落ちるかもしれないといった不安も入り混じっての実験です。

はたして結果は・・・?



MORE »

 ■二重反転ファン

だいぶ前の話題となりますが、先月あたりに2重反転ファンをオークションにて落札してきました。

DSCF1724.jpg

・4cm角ケースファン
・厚さ:55mm
・メーカー:山洋電機 型番:9CRA0412P5G05
・羽根の枚数:5枚/4枚
・電圧:12V 電流:1.0A
・回転数:不明/不明
・4ピンファンコネクタ *2
・ケーブル長:どちらも約75cm
・リブなし

2重反転ファンとは、ファンを2つくっつけたものであり、それぞれが反転するように羽が回転するものです。
普通のファンよりも風の直進性が上がり、ピンポイントな冷却に適しているということです。
オークションの説明欄にはどこで使用されていたか詳しく書かれていませんでしたが、大きさが4cm角であることから、実際に1Uラックサーバなど細長い筐体に搭載されていたものだろうと推測できます。

お互いの羽が反転することが最大の特徴ですが、他にもこんな特徴が。

DSCF1722.jpg

吸気側。
5枚の羽で構成されています。反時計方向に回転し、空気を吸込んでいきます。

DSCF1721.jpg

こちらは排気側。
吸気側と違い羽根が4枚で構成されています。羽根の形も異なっていることが分かると思います。
前後で枚数が違うのは、ファン同士の共鳴をおさえる目的なのでしょう。

ちなみに、メンテナンスも考慮されていて、真ん中から2つに分割することが出来るようです。
ただ、その場合は横に貼られているラベルを剥がす必要がありますが・・・


DSCF1723.jpg

ファンが2つペアなので、ケーブルも2倍に増えています。
見慣れない色のケーブルが使われていますが、それぞれ

灰→GND
橙→12V
紫→回転数用の信号線
白→PWM制御用

となっています。
コネクタと線の関係が組みかえられているわけでもなく、無加工で市販品のコネクタに挿入、動作させることが出来ました。

動作音ですが、ファンが2倍に増えているので当然のようにうるさいです。
回転数も高めなので、音が気になる方にはお勧めできません。
その代わり性能は必要十分なので、ラックサーバ持ってるよ、狭い筐体でもオーバークロックを楽しみたい!(いるのか!?)な方に向いているファンかもしれません。
まあ私はコレクションとして物珍しさについつい落札してしまいましたが・・・


さて、これが3つあるわけだが
何に使おう・・・

 ■エクスペリエンスインデックスのスコアが・・・

ふと思い出してみると、3770Tの構成で組んで以来Windowsのエクスペリエンスインデックスのスコアを出してなかったな、と思い、パフォーマンスと情報のツールのウィンドウでどれだけの値になるか計測してみました。

4コア8スレッド構成となり値もまずまずの結果となるだろうと走らせながら昼飯で少し放置し、席に戻ってみるとこんなダイアログが・・・


hyoka1.png


んんっ・・・?
評価が完了しなかった??

そのまま閉じるを押しても本来スコアが表示される所は「評価なし」のまま・・・
このエラーに関する事例をgoogleで探してみると、どうもビデオカード関係でコケることが多いもので、この場合ビデオカードを除くスコアは正常に計測されていると推測できます。

しかし、今回の場合何一つ計測結果が出ないことから、ハードウェア全体での計測がコケてしまっているものと思われます。
プログレスバーは順調に進んでいったように見えますが・・・

さらに探していくと、エクスペリエンスインデックス関係でエラーが起きる要因が異なるものの、推測される原因と有効的な解決方法があることを発見。

・ハードウェアの構成が大きく変わった場合に過去に行った評価のログと現在の構成とかが大きく食い違っている場合
・日付がずれていたりしてもこのエラーが出ることがある

要は過去に構成が現在と異なる状態、日時で計測したログを消してしまえば正常に計測されるはず、ということですね。早速そのログを消してみましょう。
他にも解決方法がありそうですが、今回手軽に出来そうなものでこの方法で正常に動くかどうか賭けてみました。

エクスペリエンスインデックスのログデータが保管されている場所は、
Windows\Performance\WinSAT\DataStore
とたどって行き、DataStore内のファイルを消去してしまえばいいということです。

とにかく当該ファイルの中身を全消去し、再度計測開始。
結果は・・・



hyoka1.png


・・・ダメでした(汗)
再起動をかけても先ほどと同様の内容のエラーが発生し、スコアもまったく記録されませんでした。
それどころか、DataStoreフォルダ内にログデータらしきものも記録されていない・・・(涙)

うーむ、何が原因なんでしょうか・・・?
マザーボードが変わったのもありそうですが、その時は再インストールで以前の構成のログとかも残りそうにないのですがねぇ・・・

【今回の構成】
・マザーボード:ASUS SABERTOOTH Z77
・CPU:Intel Core i7-3770T(TDP:45W)
・GPU:Intel HD Graphics 4000
・メインメモリ:CFD DDR3 1333 4GBx4
・SSD(システム):Crucial m4 64GB
・HDD(データ用):HGST 500GB
・CPUクーラー:Scythe 忍者参
・CPUクーラーファン:Gentletyphoon 12cm角 500rpm
・電源:Enermax Platimax 500W
・ケース:Scythe CASE by CASE2
・OS:Windows 7 Professional(SP1) 64bit

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。