USED NOTE

≫日記

 ■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■透明の蛍光灯

こんにちは。
相変わらずスローな更新となり申し訳ございません。
今朝方に大きな地震があり心配している方もいらっしゃると思いますが、この通り無事で過ごしています。

さて、皆さんは蛍光灯と聞いてどんなものをイメージするでしょうか。

「丸い物と長い棒の物の2つの形がある」
「白いガラスのもの」

・・・などなど、色々なイメージが涌いてくると思います。
大方のイメージでは、蛍光灯は白くて、ガラスの管でできているというイメージでしょう。

では、こちらの写真を一つ。

IMG_0638.jpg

長い管の蛍光灯に見られる両端の足(電極)が見られますが、なんとガラス部分が通常の白色ではなく透明となっています。


IMG_0635.jpg

この蛍光灯の正体は、大きな厨房、クリーンルーム等衛生面にかかわる場所で使用される「殺菌灯」と呼ばれる特殊用途向けの蛍光灯です。

蛍光灯は、管の中で放電を起こして紫外線を発生させ、管の内面に塗られた発光体の白い膜に紫外線が当たることで白く輝く仕組みとなっています。
この殺菌灯では本来内面に塗られている発光体を省略し、純粋な紫外線を放出することで殺菌効果を生み出すというわけです。

紫外線は細胞を破壊するので、雑菌などの細胞を破壊することで菌の活動を抑えることができます。
一方で同じ細胞を破壊する働きかけが人体にも及ぶので、悪影響が出ないよう何らかの対策を取る必要があります。

この殺菌等の場合、特に強い紫外線を放出するので短時間の直視や皮膚をかざしたりするだけでも炎症を起こしたりするので、基本的に点灯した状態で人目に付く所に置くような蛍光灯ではないと言えます。
最悪、失明や皮膚ガンなど何らかの疾患を伴う可能性があるので、取り扱いには注意が必要です。


IMG_0636.jpg

なお、効率よく紫外線を取り出すために透過率の高い石英ガラスが使われています。
写真中央より右に銀色の粒が確認できますが、点灯のために必要になる粒のようです。新品の蛍光灯を振ると「カラカラ」といった音がするのですが、その音の正体がこの粒ということになります。
(ちなみにこの蛍光灯では引っ付いているようで動き回ったりはしませんでした)

水銀系の粒と思われるのですが、詳しく調べていないのでよくわかりません・・・。

IMG_0637.jpg

石英ガラスである、透明である以外はごく普通の蛍光灯と構造の違いは見られません。
透明なので、電極部分の構造がよく分かります。

IMG_0640.jpg
横向きですみません・・・

テスト点灯の様子。
手持ちに殺菌灯専用の機器がなかったので、連続点灯3分以内という条件でテストを行いました。
本来は、このような使い方をしてはいけません。紫外線でプラスチックがどんどん劣化していき、短時間で故障する原因になります。

点灯すると、ぼうっと青く光りだします。
色的に青色ですが、同時に大量の紫外線も放出しています。絶対に紫外線を目から防護するメガネ無しで直視するのはやめましょう。

 ■USED NOTEの今後

こんにちは。
気が付けば前回の記事の更新から1ヶ月近くも間が空き、一体何事かと思われていそうですが、一応この通り生きています(笑)
まあ、最近更新が無いのはバイトが忙しい、お金が無い(汗)、ネタがあってもブログにするまでも無いネタだったといった理由があるのですが・・・。

さて、3月の中旬に入り、ようやく春らしい気候が巡って来ました。
早い所ではすでに桜が開花している地域もあるとの事です。

自身の大学生活も、残すところわずか1週間となりました。
先週水曜日に卒業許可者リストが掲示され、そのリストの中には大方の予想通り自分の学籍番号も含まれていました(その前後の番号はかなり飛んでいたのですが・・・)。
これにより、現役のまま卒業できることが確定し、残すは来週土曜日の学位授与式のみとなりました。
将来にOB紹介として大学に通う事を除けば、この土曜日が最後の登校となります。
就活も含め長かった4年の大学生活に終止符が打たれ、やっと終わったという純粋なうれしさと同時に、「学生」という身分を失う何かしらさびしい気持ちも涌いて来ます・・・。

閑話休題。
私についてご存知の方もそうでない方にも、私は4月に社会人として新たなスタートを切ります。
とはいえ、去年の7月半ばごろから研修として事前に働いていたので、入りたてにありがちなトラブルをバイトとして吸収したことにより4月の入社式以降の不安はほとんど無くなったと言ってもいいほどです。

4月からは正社員として働くことになるので、もちろんバイトにあった「定時に帰れる」事は困難を極めるでしょう。
残業時間も日によってまちまちなのですが、長い時は夜10時まで働くこともザラとの事です。
最近はアベノミクスによる円安の影響もあり、来年あたりから需要が反映されるとはいえ就業時間はさらに増加するものだと見込んでいます。

そこで、これからのブログの方針についてちょっと。
ご存知の通り本ブログは、現在は自作PCをメイン(というかそれしかやってないような^^;)とした趣味全開のブログです。
別段、方針、趣味が大幅に変わるというわけではなく、ブログが閉鎖するといったことも「今のところ」無いのでご安心くださいませ。

むしろ方針、趣味については嬉しいニュースであり、現在、少しずつながらもゲームにも手を伸ばしています。
エミル・クロニクル・オンライン」というMMORPGをプレイしています。
初心者向けだとか、廃ゲーだとか色々意見が分かれているのですが、個人の感想としてはプレイしやすい、チュートリアルがしっかりしているというのが感想です。
というよりは、今まで碌にゲームをしてこなかったのでどれも新鮮に見えてしまいます。流石は最新の据え置きゲーム機が初期のPS2で止まっている家庭ですね^^;
(あとパンツにつられた、終了しちゃったけどくじキャンペーンのアルマ達に釣られたのはここだけの秘密です)

また、予定の段階ですが最近発売された新作の「シムシティ」も購入してプレイしようか検討中です。
10年ぶりの新作なので、SFC時代からどれだけ変わったのか見てみたい、オンラインも楽しんでみたい所です。
今の所どういう形式で記事にしていこうか決めていないのですが、たまにプレイ日記として書いてみようと思っている所です。

で、これからのブログ自体の営業ですが・・・
正直な所、暫く(2、3ヶ月スパンで)更新が止まってしまう、最悪失踪、閉鎖してしまうことも無きにしも非ずです。
先程のゲーム云々で言っていた事と全く逆になってしまいますが、仮にプレイ日記を書く時に自分が更新できる状態に立っている必要があるということです。

無論、自分自身もこれからどういったスケジュールで組まれていくのかはっきりと分かっていないので何とも言えませんが、遠地への出張スケジュールが存在すると聞いて少々不安になっている要素であります。

ただ、ブログを閉鎖せざるを得ない事態はなるべく避けたい所なので、少々更新が長引いてもちょっとの時間を見つけて何とかして行こうと思っています。
それでも会社の守秘義務を守らなければならない、プライベート的に限度が来る等でブログを閉鎖せざるを得ない事態になれば、残念ながらそこで更新も打ち切られてしまう事でしょう・・・。
今の所そういった傾向は見られないので、今後しばらくはスロースピードながらも引き続き更新できるかもしれません。

それでは、今後もよろしくお願いします。

 ■部屋を整理する

こんにちは。

依然、寒い日が続き強い風が吹いたりなど、まだまだ冬の気候が続いております。
先月には熱を出してダウンしてたのですが、回復後もまだ鼻水が出たりと色々と引きずっている様です。
歳を重ねるにつれ、病気の治りが遅くなっているような・・・(汗

さて、2月に入って最初の記事。

気が付けば、大学生活、ならびに人生の4分の1を含むであろう学生生活の全てが、残り2ヶ月を切ってしまいました。
大学に入学したのが2009年。ちょうど4年前です。
当時は新しく迎える大学生活にワクワクしており、同時に数々の課題をこなさなければならないという気持ちでいっぱいでした。
そうしたこともあって、この先4年間はとても長い生活になるものだと認識していました。

しかし、実際に就職活動を終えて年を越し、新春を迎えようとしてみたら、この過去の4年間はあっという間のように感じました。
現在、卒業要件の単位は全て修得しており、卒業論文もOKが出たことで、残すは卒業のみとなりました。

何だか、やり遂げたぞという気持ちと同時に、もう少しこれをしておけばよかったという後悔、いよいよ学生生活が終わるんだなという寂しさ、そして不安も起き、非常に複雑な心情であります。この時期はある意味、心情的に不安定な時期かもしれません。

私は、こういった不安を少しでもやわらげたいと思って、ぽっかりと空いた休みの期間を利用し自分の部屋の整理を行っている最中です。
目的としては、「学生生活からの脱却、社会人としての次のスタートを切る準備をする」というものです。
もちろん、ゴチャゴチャとしすぎたカオスな部屋をスッキリさせる目的もありますが・・・

今回は意を決して、それまで保管していた学生時代の品々や、教科書、参考書を全て処分することにしました。
もちろん、それらを捨てるには多大な勇気が必要でしょう。しかし、それは同時に社会人になるための「決意」の意味も含むと私は考えています。

処分の後、当然ですが部屋がスッキリしました。
とは言っても、これを書いている時点では床にガラクタが点々と転がっている状態ですが(ぁ
趣味の物(PCパーツとか)や、アルバム、今使っている物以外は、全て捨てていく方向です。
それまでお世話になった物に対して、感謝の気持ちでいっぱいです。

 ■blenderを再び触ってみる

MikuMikuDanceをいじり倒すうちに(その割には全然記事にしてないけど)、何故か3DCGに再び興味を持つように。
そんなわけで、フリーソフトながらアニメーションの作成など比較的自由度の高い「Blender」で3Dモデルを作ってみようとしました。

というのも、MMDの数多く配布されているモデルで、自分が欲しいモデルが無かった、というのが3DCGに興味を持ったきっかけ。(ちなみに作ろうとしているモデルの大体のイメージは頭の中で出来上がっています)
一応、Blenderの3DモデルもMMDのモデルに対応できそうなので、Blenderで行ってみることにしました。
プログラミングやモデリングといったそういった経験がないガチガチの文系の私なので、おそらく長続きはしないと思いますが、頑張ってモデリングしていきたいと思います。

そして、リファレンス片手にちょっとしたモデルを作ってみた時のスクリーンショット

blender.png

まだまだ操作に慣れず、これくらいの簡単な物しか出来ない・・・(汗
プリミティブ(用意されている既存の単純な図形)を変形させて作っています。

次は斜めカット、接合かなぁ。

 ■MMDを触ってみる

とあるSkype窓にてMikuMikuDance(MMD)がブームとなり、僕もちょっとばかり動かしてみましたよの巻。

MMD.png

3DCGを動かすとなると何となく「難しい」イメージが付きまとうかもしれません。
もちろん、モデリングを行ったりテスクチャを貼ったりする場合は、それ相当の知識が必要となり確かに難しいと思います。

しかしMikuMikuDanceは、すでにモデリングされたキャラクターを引っ張ってきてパラパラマンガの要領で動かすだけなので、作業としては簡単な部類に入るかもしれません。
もちろん、見慣れないUIや白紙のキャンパスデータに最初は戸惑うかもしれませんが、(最低限の)覚えるべき操作も少ないのでMMDの操作にそこまで苦労することはないでしょう。
むしろ、「何とか動かしてそれっぽい動きは出来ても、いかに不自然なく動かすかが正念場」というのが私の感想でした。

そんなわけで、未熟ながらもモーションの講座みたいなものを記事に起こしてみたり、その他何かしらお得な情報を載せていく予定であります。
モーションの作成に、激ハマり中なのです。

«  | HOME |  »

はじめに


検索フォーム


月別アーカイブ


カテゴリ

お知らせ (3)
日記 (204)
ニュース (6)
トラブル (2)
自動車免許奮闘記 (19)
パソコン (84)
ケースファン (27)
電子工作 (2)
自動車 (11)
【イラスト】総合 (39)
【イラスト】東方 (13)
【イラスト】擬人化 (4)
【ゲーム】総合 (8)
【ゲーム】東方 (4)
ニコニコ (3)
アニメ (1)
未分類 (9)
実験 (1)

最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Counter


プロフィール

はとろん(はとろじー)

Author:はとろん(はとろじー)


pixiv




最新うp絵垂れ流し中
(※年齢制限イラスト有、注意。)

リバーシ

Super Reversi設置方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。